【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して
フォルテコールプラス

※パッケージは変更になることがありますので必ず商品詳細をご確認の上ご購入ください。

フォルテコールプラス

エランコ/Elanco

6,800

ポイント: 68 Pt

日本国内は1点からでも送料無料!

フォルテコールプラス 1.25mg+2.5mg 30錠

個数 定価 販売価格
(1箱単価)
購入
1箱 8,840円 6,800円
2箱 15,210円 11,700円
3箱 21,580円 16,600円

フォルテコールプラスの商品説明

フォルテコールプラスは、心機能をサポートする効果に優れた犬用の心臓病治療薬です。
主に僧帽弁閉鎖不全症に対して使われており、慢性心不全になった愛犬の心臓の働きを助けます。

本製品フォルテコールプラスには、ベナゼプリル塩酸塩とピモベンダンという2つの有効成分が配合されています。
これにより、従来品であるフォルテコールよりもさらに高い効果を期待することができます。

有効成分のうち、ベナゼプリル塩酸塩はフォルテコールにも含まれている成分で血圧を操作する働きがあります。
血圧を上げる物質であるアンジオテンシンⅡが作られるのを抑え、血管を拡張させます。
また、水分や電解質も調整されて血圧が下がり、心臓や腎臓にかかる負担を軽減する効果を発揮します。

もう1つの有効成分であるピモベンダンは、強心薬として使われる成分です。
心筋が収縮するために必要なカルシウムを効率よく使えるように作用し、心臓の収縮力を高める効果があります。
血管を拡張する効果も含まれており、心臓の負担を和らげて血液の流れを改善し、体のだるさや息苦しさなどの症状を緩和します。
血管拡張作用と強心作用により、心臓への負担を減らして症状の進行を抑えるのが本製品の特徴です。

フォルテコールプラスの錠剤には、人工乾燥香料を使ったフレーバーがついています。
愛犬が飲み込みやすく作られているうえに、朝と夜、同じ量を投与するように作られているので簡単に飲ませられます。

使用方法

    1日2回、朝と夜におおよそ12時間間隔で少なくともフードを与える1時間前に経口投与します。
    1回に投与する量は、体重1kgあたりベナゼプリル塩酸塩0.25mg、ピモベンダン0.125mgです。
    体重によって具体的な投与量が変化するため、下記を参考にしてください。

注意点

    犬以外の動物には投与しないでください。
    生後4ヶ月未満の子犬や、体重2.5kg未満の犬に対しては投与しないでください。
    妊娠中および授乳中の母犬、哺乳犬に対する安全性は確認されていないため、投与しないでください。
    やむを得ず、授乳中の母犬に投与する場合は授乳を中止してください。
    肥大性心筋症あるいは機能的、または解剖学的に心拍出量の増加が見込めない症例には使用しないでください。
    重度な肝障害の症状がある犬に対しての投与はしないでください。
    必要により、利尿剤等の適切な対症療法を行ってください。
    本剤による心筋収縮は、カルシウム拮抗薬のベラパミルやベータ拮抗薬のプロプラノロールで減弱してしまうため注意してください。
    低血圧や循環血液量減少、または急性腎障害の症状がある犬には投与しないでください。
    慢性腎臓病の犬には、本剤の投与を開始する前に脱水の程度を確認し、投与期間中は血中クレアチニン濃度および赤血球数をモニターすることが推奨されています。
    本剤は配合剤のため、含有される各有効成分をその用量で併用することが必要とされる犬にのみ使用してください。
    本剤はACE阻害薬単独で治療を開始し、心不全症状の改善を確認していき、ピモベンダンの併用が必要と判断された段階で使用してください。
    腎機能低下動物では血清カリウム値が上昇することがあるため、カリウム保持性利尿剤を併用しないでください。
    他の血圧降下剤や降圧作用のある麻酔剤と併用すると、本剤の降圧効果が高まることがあるので注意してください。
    妊娠中の胎児に影響を与えることが知られている成分が配合されているため、妊婦の方は本剤を誤って飲み込まないよう、特に注意してください。
    分割した錠剤は気密容器に入れて保管し、1日以内に使用してください。
    錠剤に変色が認められた場合は使用しないでください。
    配合されている成分に対し、アレルギー反応を示したことがある犬には投与しないでください。
    パッケージに記載された使用期限を厳守し、期限を過ぎているものは使用しないでください。
    誤用や品質の変化を招く恐れがあるため、他の容器への移し替えは避けてください。
    保管する際は、直射日光と高温多湿の環境を避けて子供やペットの手の届かないところに保管してください。

副作用

    本剤の投与により、まれに軽度の頻脈および嘔吐がみられることがあると報告されています。
    これらの作用は用量依存性であるため、投与量を調節することで避けられる場合があります。
    また、軟便や下痢、降圧作用による虚脱あるいはふらつき等の症状があらわれることもあるので、特に初回投与後は注意深く観察してください。
    その他、副作用らしき症状があらわれた場合は速やかに投与を中止し、かかりつけの獣医師の診察を受けてください。

フォルテコールプラスの有効成分

有効成分 ベナゼプリル塩酸塩、ピモベンダン

フォルテコールプラスのくすりの評判

フォルテコールプラスの使用をしたことのある飼い主さんの「良い評判」と「悪い評判」をそれぞれチェックして購入前の参考にしてください。

フォルテコールプラスの良い評判

前はフォルテコールを飲ませてたんですけど、最近こっちになりました!分割も飲ませるのも楽々で助かります!
毎日飲むお薬なので、安く購入できて助かりました。これを飲ませるようになってから、うちのおじいさん犬の調子がよくなってきたように思います。
動物病院でこのお薬をはじめてもらったときから、今年で2年。心臓の状態が悪くなることもなく、元気に過ごしてくれています。これからも飲ませ続ける予定です。

フォルテコールプラスの悪い評判

包装紙を開けるのに苦労しました。投与そのものは簡単でも、シートの開封に手間がかかるのならなんともいえない感じ。
定期的に飲ませないといけない薬です。届くまで時間がかかるので、本当に届くのかハラハラしてしまいます。
フレーバーつきだそうですが、すぐに吐き出されました。味が好みではないのかもしれません。長生きしてほしいので飲ませていますが、毎回お薬の時間が大変です。

フォルテコールプラスの口コミ

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

うちは15歳くらいになる老犬がいます。この子は本来なら、ずっと前に死んでいてもおかしくなかったくらいの心臓病を患っていました。でも、その心臓病は今かなり落ち着くことができて、普通の健康的な犬以上に生きています。こうなったのも、全部フォルテコールプラスを昔から飲ませていたからだと思います。初めて心臓病であることを知ったときは動揺し、すごく悲しかったのですが落ち着いて対処して適切な薬を飲ませれば、問題ないのだと思います。まだ完治はできませんが、引き続き飲ませていくつもりです。

よく効く薬だと思い、期待して購入しました。でも、うちのわがまま犬は全く食べてくれません。 与えるときはばれないくらいに粉砕してから与えています。かなり面倒くさいですが、まだ全然残っているので根気よくのませることにします。

身体の弱い愛犬がずっと飲ませてもらっています。生まれつき心臓の弱い子ですが、毎日飲んでいるおかげで、それをものともしないくらいに元気です。調子がいい状態が続いているのもこの薬のおかげです。また買わせてもらいます。

フォルテコールプラスの関連商品

電話番号
閉じる