アナフラニール 25mg 30錠

※パッケージは変更になることがありますので必ず商品詳細をご確認の上ご購入ください。

アナフラニール 25mg 30錠

ジェネリック

Abdi Ibrahim

3,000

ポイント:30Pt

日本国内は1点からでも送料無料!

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。
入荷予定日:

アナフラニールの商品説明

分離不安症と診断された犬の治療・猫の不安症治療に用いられ、有効成分クロミプラミンが脳の機能を調整する物質(ノルアドレナリン、セロトニン)の働きを活発にし、意欲を高め、憂鬱な気分を改善します。
またうつ状態、パニック状態、強迫神経症、恐怖症、病的な怖がりなどの症状改善が期待できます。

使用方法

  • 獣医師の指示に従い、用法用量を守ってご使用ください。
  • 愛犬の体重1Kgに対して1~2mgを1日2回与えます。
  • 愛猫の体重1Kgに対して0.4mgを1日1回与えます。

注意点

  • 獣医師の診断なしに使用しないでください。
  • アナフラニールは日本では獣医師の処方が必要なため、の獣医師の指導を受けた上で用量などをしっかり守って下さい。
  • 緑内障・心臓疾患・てんかんのあるペットへの投与は獣医師の指導を受けた上で行うようにして下さい。
  • 衰弱、高齢、治療中、妊娠中または授乳中のペットに与える場合は獣医師が適切に判断した上で投与してください。
  • 薬に敏感な愛犬に使用した場合、投与箇所に一過性の過敏症が起こる場合があります。
  • 本剤の保管は直射日光、高温及び多湿を避けてください。

副作用

  • 他の医薬品やサプリメントを同時に服用させる場合には、獣医師にご相談の上ご使用下さい。
  • 異常がみられた場合はすぐに獣医師へ相談・診断を受けて下さい。
  • 愛犬:本剤投与により嘔吐、食欲不振、嗜眠、下痢が観察されます。
  • 愛猫:食欲不振、嘔吐、下痢、鎮静、嗜眠、うつ病、口渇などの症状があらわれることがあります。

アナフラニールの有効成分と容量

有効成分 Clomipramine(クロミプラミン)25mg
内容量 30錠
形状 錠剤タイプ

アナフラニールの飲ませ方

  1. STEP1
    上あごを持ち上げるようにして口を開きます。その後、口の奥に人差し指で錠剤を押し入れます。
  2. STEP2
    口を閉じ鼻を上に向けて喉を優しくさすります。
  1. STEP1
    左手で頭を固定し、右手の人差し指で口を開きます。
  2. STEP2
    錠剤を口の奥に押し入れます。
  3. STEP3
    口を閉じ、鼻を上に向け喉を優しくさすります。

アナフラニールのくすりの評判

アナフラニールの使用をしたことのある飼い主さんの「良い評判」と「悪い評判」をそれぞれチェックして購入前の参考にしてください。

アナフラニールの良い評判

愛犬は不安症でしたが飲ませると騒いで吠えることがなくなりました。 今後もお世話になると思います。
5才の去勢済雄猫に与えました、 同居猫への攻撃なども凄く、いたずらばかりで大変でした。 でも飲ませたい日から穏やかになり、同居猫とも過ごせるようになりました。 問題の根本を解決できればいいのですが、なかなか難しいので良かったです。
ゴールデンレトリーバーの鳴く回数が多くなり、1日中鳴き続けることもあったので投与することにしました。 効果まで1か月ほどかかりましたが今では鳴く回数も激減しました。 鳴くには理由もあると思うので投与前後は愛犬の様子をしっかりと観察する必要があります。

アナフラニールの悪い評判

薬を混ぜたフードは選別して残してしまうこともありますが、効果はあるのでこれからも常備しておきたい薬ではあります。
お家の老犬が毎晩鳴くようになり、アナフラニールを飲ませると夜の落ち着いて寝るようになりました。 副作用のせいか、昼間も寝ることが多くなりましたが14才なので仕方がないです。
問題行動がある愛犬の為に購入しました。 薬をやるのは抵抗がありましたが、飲ませてから犬猫に対する警戒心は改善されませんが、自分の脚を噛んで、傷をつける行為はなくなったのでそれだけでも飲ませてよかったと思っています。

アナフラニールの口コミ

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

★★★★★

一日中鳴き続ける症状に困っていたので試してみましたが、すぐに鳴き止んでくれたのにはビックリしました。使って良かったです。

アナフラニールの関連カテゴリ:
その他のくすり
閉じる