バイオクランチュアブル犬猫用300mg 10錠

※パッケージは変更になることがありますので必ず商品詳細をご確認の上ご購入ください。

バイオクランチュアブル犬猫用300mg 10錠

サヴァヴェット/SAVA VET

2,750

ポイント:27Pt

日本国内は1点からでも送料無料!

バイオクランチュアブルの商品説明


本製品バイオクランチュアブル300mgは犬や猫の皮膚感染症・膿皮症・骨髄炎・歯周病に効果がある抗生物質です。

リンコマイシン系の抗生物質であるクリンダマイシンは、細菌のタンパク質の合成を阻害することで、細菌を殺して、感染を治療します。

ブドウ球菌属・バクテロイデス属などに効果を発揮し、皮膚感染症、口腔のグラム陽性細菌感染など、特に口腔内感染(歯周病)に用いられる薬です。

使用方法

  • 歯周病、皮膚感染症:体重1kgあたり5.5mgを1日2回7-10日間、もしくは11mg/kgを1日毎に7-10日間投与する。
  • 膿皮症:体重1kgあたり5.5mg を1日2回7-10日間、もしくは11mg/kgを1日毎に7-10日間投与する。
  • 骨髄炎:体重1kgあたり11mgを1日2回、最低28日間投与する。。
  • 症状や投与してからの経過によって使用期間が異る場合がありますので、獣医師に相談しながら使用して下さい。

注意点

  • 獣医師等の処方箋・指示により必ず使用してください。
  • 犬・猫以外の動物には使用しないでください。
  • 効能・効果において定められた目的にのみ使用してください。
  • まれにクロストリジウム属などの非感受性菌が異常増殖することがあるので、クリンダマイシンの消化管への作用に過敏な動物には本剤の投与を避けてください。
  • 幼若及び病中、回復期の動物、妊娠中並びに産前・産後の動物に投与しないでください。
  • 重度の代謝異常を伴って、腎障害及び肝障害を認める動物には慎重に投与し、治療中における血清中のクリンダマイシン量を検査してください。
  • 本剤は、神経筋接合部遮断薬の作用を増強するので、併用を避けてください。
  • 定められた用法・用量を厳守してください。なお、用法・用量に定められた期間以内の投与であってもそれを反復する投与は避けてください。
  • 保管は直射日光、高温及び多湿を避けてください。
  • お子様の手の届かない場所に保管してください。

副作用

  • まれに過敏症反応を起こすことがあるので、観察を十分に行い、症状が現れた場合は投与を中止し、獣医師へ相談・診断を受けて下さい。
  • 食欲不振、嘔吐、軟便、下痢及び発疹を認めることがあります。

バイオクランチュアブルの有効成分と容量

有効成分 クリンダマイシン 300mg
内容量 10錠
形状 錠剤タイプ

バイオクランチュアブルの飲ませ方

  1. STEP1
    上あごを持ち上げるようにして口を開きます。その後、口の奥に人差し指で錠剤を押し入れます。
  2. STEP2
    口を閉じ鼻を上に向けて喉を優しくさすります。
  1. STEP1
    左手で頭を固定し、右手の人差し指で口を開きます。
  2. STEP2
    錠剤を口の奥に押し入れます。
  3. STEP3
    口を閉じ、鼻を上に向け喉を優しくさすります。

バイオクランチュアブルのくすりの評判

バイオクランチュアブルの使用をしたことのある飼い主さんの「良い評判」と「悪い評判」をそれぞれチェックして購入前の参考にしてください。

バイオクランチュアブルの良い評判

歯周病と口臭除去のために使用しています。 よく効いていると思います。
歯肉炎の腫れも引き、何かあった時に常備していると大型の連休とかで病院が休みの時にも助かります。 根本的にはやはり動物病院で、歯石取り、健康診断は必須かなと思います。
調子が良い時と悪い時と猫の様子を見ながら調子が悪くなった時に、猫ミルクに混ぜてあげるようにしています。 我が家では常備薬です。

バイオクランチュアブルの悪い評判

幸い食べることはできているので、ウェットフードに混ぜています。
最初はにおいで少し抵抗しましたが、ごはんに混ぜると何とか食べてくれました。
飲ませて炎症はよくなりましたが、うちの猫の口の中の状態が酷かった事もあり、このお薬だけじゃ効きませんでしたが、軽い炎症などだと効果はあると思います。

バイオクランチュアブルの口コミ

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

バイオクランチュアブルの関連カテゴリ:
その他のくすり > 感染症・抗生物質
冬の売れすじ商品
秋の売れすじ商品
閉じる