ベトメディン(Vetmedin)1.25mg 100錠

※パッケージは変更になることがありますので必ず商品詳細をご確認の上ご購入ください。

ベトメディン(Vetmedin)1.25mg 100錠

ベーリンガーインゲルハイム/Boehringer ingleheim

11,580

ポイント:115Pt

日本国内は1点からでも送料無料!

ベトメディン・チュアブルの商品説明

ベドメディン1.25mgは犬用の心不全治療薬です。

有効成分ピモベンダン(Pimobendan)は心臓での血液の流動力を改善して心臓のポンプ機能を効率良くさせてくれます。
そのため、犬の僧帽弁閉鎖不全による慢性心不全に伴う症状の改善に用いられます。
血管拡張薬と強心薬、活性剤として二つの役割を果たし、心臓の出力までもを高めてくれるので、臓内の血液の流動性を向上させます。
また、効率的に心臓の出力を改善しますが、心筋の負担になりにくいというメリットもあります。

使用方法

【注意】用法・用量はそれぞれのケースで異なりますので、必ず獣医師の指示に従ってご利用ください。
  • お口からの投与で使用します。
     ※1日の使用量は体重1kgあたり0.25mgが目安ですが、ペットによって異なりますので獣医師の指示に従って下さい。
  • 1日の使用量は2回に分け朝夕おおよそ12時間間隔でご使用ください。
  • 自己判断で与えずに、必ず獣医師の指示のもとご使用ください。

注意点

  • ご使用の際は獣医師へのご相談のしてから、ご利用下さい。
  • 体重 2 kg未満の犬には投与しないで下さい。
  • ごはんの約1時間前に与えてください。
  • 肥大性心筋症、大動脈弁狭窄症がある場合には投与しないで下さい。
  • 機能的解剖学的理由で、心臓の出力が大きい疾患のある場合にも投与しないで下さい。
  • 重度な肝障害がある犬には獣医師の指示のもと慎重に使用して下さい。
  • 無症候性、心疾患、房室弁機能不全など、 拡張型心筋症のあるワンちゃんに対しては、安全性は確立されておりませんので、ご注意ください。

副作用

  • 高窒素血症、食欲の減退、運動失調、下痢、呼吸が困難になったり、虚弱、無気力が報告されています。
  • もし異変がみられた場合はすぐに獣医師へご相談ください。

ベトメディンの有効成分と容量

有効成分 ピモベンダン1.25mg(1錠中)
内容量 100錠
形状 錠剤タイプ

ベトメディンの飲ませ方

  1. STEP1
    上あごを持ち上げるようにして口を開きます。その後、口の奥に人差し指で錠剤を押し入れます。
  2. STEP2
    口を閉じ鼻を上に向けて喉を優しくさすります。

ベトメディンのくすりの評判

ベトメディンの使用をしたことのある飼い主さんの「良い評判」と「悪い評判」をそれぞれチェックして購入前の参考にしてください。

ベトメディンの良い評判

腎臓の数値が高くなっていた高齢の愛犬に飲ませています。 飲ませ始めてからは数値も比較的落ち着き、年齢の割には元気になりました。 このお薬は欠かせないものです!
このお薬は美味しいらしく、そのままでも食べてくれるので助かります。
味は好みのようです。そして飲ませるようになってから呼吸が楽になったようなので今後も続けて飲ませようと思います。

ベトメディンの悪い評判

良い匂いなのか最初は薬だけでも食べていましたが、飽きたのか今では薬だけでは食べてくれなくなりました。
体重に合わせて錠剤を分け与えるのが最初は面倒でした。
日本のものと比べて、香りが若干少ない気がします。でも、これを飲んでワンコも元気に暮らせているので続けます。調子はとってもいいです!

ベトメディンの口コミ

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ベトメディンの関連カテゴリ:
その他のくすり > 心臓疾患
冬の売れすじ商品
閉じる