バジルガードプラス

バジルガードプラスはハートガード(カルドメック)のチュアブルタイプのジェネリック医薬品です。感染後30日の間にフィラリア幼虫(糸状虫)を組織生成の段階で排除することにより犬の糸状虫症に感染することを防止することができます。その他、寄生虫にも効果があります。
チュアブルタイプで投薬も簡単!月1回の投薬で愛犬のフィラリア予防が簡単にできます。
バジルガードプラス 小型犬用(11kg未満)6個

バジルガードプラス 小型犬用(11kg未満)6個

2,500円

バジルガードプラス小型犬用はハートガード(カルドメック)のチュアブルタイプのジェネリック医薬品です。月に1度の投薬で犬のフィラリア症感染を予防できます。その他、回虫と鉤虫にも効果があります。

バジルガードプラス 中型犬用(12-22kg)6個

バジルガードプラス 中型犬用(12-22kg)6個

3,000円

バジルガードプラス中型犬用はハートガード(カルドメック)のチュアブルタイプのジェネリック医薬品です。月に1度の投薬で犬のフィラリア症感染を予防できます。その他、回虫と鉤虫にも効果があります。

バジルガードプラス 大型犬用(23-45kg)6個

バジルガードプラス 大型犬用(23-45kg)6個

3,300円

バジルガードプラス大型犬用はハートガード(カルドメック)のチュアブルタイプのジェネリック医薬品です。月に1度の投薬で犬のフィラリア症感染を予防できます。その他、回虫と鉤虫にも効果があります。

     

バジルガードプラスの特徴

フィラリア症の予防薬

バジルガードプラスは、イギリスのバジル社が製造販売しているフィラリア予防の犬のおくすりです。フィラリアは、蚊が媒体となって寄生虫が犬の心臓や肺動脈に寄生するとても危険な病気であり、あらかじめ予防することが重要です。さらに、回虫や鉤虫などの寄生虫の治療と駆除にも効果があります。
おなじくフィラリア予防薬であるハードガードプラス(日本名カルドメック)のジェネリック医薬品ですが、ブランド薬と同じ成分・同じ配合量で作られています。パッケージ、説明書はともに日本語で表記されており、安心してお使いいただけるようになっています。

効果

タブレットタイプのバジルガードプラスは、1回1錠、月一回投与することで犬のフィラリア症を予防することができます。蚊が発生する時期から、活動が終息した1か月あとまで毎月同じ日に与えるようにします。蚊の活動期間は地域によって異なりますので、投薬を開始するまえに動物病院で相談してみましょう。

ジェネリック医薬品とは

バジルガードプラスは、ハートガードプラス(日本名カルドメック)のジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品とは、ブランド薬の特許期限が切れたあとに、同じ成分で作られる医薬品です。国の許可を得て発売されるので安全面でも信頼性が高く、また開発費がかからないため安価で購入できることが人気の理由でもあります。バジルガードプラスは与えやすいタブレットタイプで、生後6か月以上の子犬から使用することができます。

注意点

バジルガードプラスは犬専用の寄生虫駆除薬です。猫やそのほかの動物には与えないようにしましょう。

バジルガードプラスの種類

バジルガードプラスは体重別で与える薬の量が異なります。愛犬の体重にあったものを与えましょう。

バジルガードプラスの価格

ペットの薬を購入する方法としてもっとも一般的なのは動物病院で処方してもらう方法です。でも、病院に定期的に通うことが難しかったり、毎回の診察代と薬代が負担だ、などという場合には、比較的安くしかも手軽にできるネット購入がおすすめです。

ペットのおくすりの場合

  • ・バジルガードプラス小型犬用(11kg未満) 6錠で2500円(税込み)
  • ・バジルガードプラス中型犬用(12~22kg) 6錠で3000円(税込み)
  • ・バジルガードプラス大型犬用(23~45kg) 6錠で3300円(税込み)

ペットのおくすりでは送料も完全無料なので、おそらくバジルガードプラスのネット販売のなかでもかなり安価で購入できると思います。診察料も送料もかからずに薬代だけなので、飼い主さんの経済的な負担を減らすことができます。

定期的な診察は病院で、薬購入はペットのおくすりで

薬はペットのおくすりで購入しながら、ワンちゃんの定期的な健康チェックは病院で行うのがおすすめの方法です。とくに、フィラリア予防薬は使用する前に血液検査を受け、フィラリア症に感染していないことを確認することが必要です。血液検査は動物病院でしてもらえますので、予防薬を与える前にかならず受けましょう。

バジルガードプラスの効果

バジルガードプラスは、フィラリア症と寄生虫感染の予防・駆除に効果があります。

フィラリア

蚊が媒介するフィラリア症

フィラリアとは犬糸状虫、犬心臓糸状虫などどもよばれる寄生虫で、蚊が媒体となって感染します。フィラリアの幼虫をもっている蚊に吸血されることで感染し、犬の体内に侵入した幼虫は50~60日かけて皮下、筋肉内で成長しながら心臓や肺の血管に移動します。成虫になると体長が20~30cmまでに成長し、それらが多数寄生するために血液の流れが悪くなり、最悪の場合には死に至ることもあるおそろしい病気です。

フィラリア症の症状

感染初期には無症状であるため、発見が遅れるケースがほとんどです。感染から数年経過したあと、元気がなくなったり、疲れやすくなったりといった変化が見られるようになります。また、慢性的な咳も代表的な症状のひとつです。このような状態になると、すでに心臓や肺動脈にはダメージが出はじめており、さらに急な体重減少、腹水などの症状があらわれます。肝臓や腎臓などの主要な臓器にも影響をもたらすようになり、最終的には命を落としてしまいます。

予防が一番の対策法

犬にとってこわい病気であるフィラリア症ですが、きちんと予防すれば防げる病気でもあります。タイミングをきちんと守って予防することが大切で、一般的には蚊が活動する時期に合わせて予防薬を1か月ごとに与えます。フィラリアは体内に入ったあと、成長しながら肺動脈や心臓に移動する準備に約2カ月かかります。どのようなタイミングで感染したとしても、フィラリアが体内移動を始める前に死滅させるために、毎月1回の投薬が重要なのです。バジルガードプラスは、毎月決まった日に与えることで、フィラリアの幼虫が成虫になるのを防ぐ効果があります。

寄生虫

犬が感染するおそれのある寄生虫である回虫や鉤虫は、消化管内に寄生して、下痢、おう吐、血便、体重減少などの症状を引き起こします。バジルガードプラスは月1回の投与で、フィラリアの予防だけでなく回虫・鉤虫といったお腹の虫を駆除・治療する効果もあります。

バジルガードプラスの成分

2種類の有効成分

バジルガードはハートガードプラス(カルドメック)のジェネリック医薬品であり、イベルメクチンとピランテルパモ酸塩USPの2種類の有効成分が配合されています。
イベルメクチンは、腸管糞線虫症の経口駆虫薬および毛包虫症の治療薬で、フィラリアの幼虫を体内から駆除するはたらきをします。ピランテルパモ酸塩USPは抗線虫作用があり、主に回虫・鉤虫を駆除する効果を発揮します。

効果的な飲ませ方

タブレットタイプのおくすりで、そのままかフードに混ぜて与えます。なお、噛み砕いて食べることでより確実に効果が得られるとされているので、噛まずに飲み込んでしまう場合には、あらかじめ錠剤を砕いてから与えることをお勧めします。

バジルガードプラスの副作用

バジルガードプラスをはじめとするフィラリア予防薬共通の注意点として、投薬を始める前にフィラリア感染の検査を受けなければなりません。これは、もしフィラリアが血中に存在していることを知らずに投与してしまうと、多数のフィラリアが一度に死滅して発熱やショック状態を引き起こし、最悪の場合死に至るためです。動物病院で血液検査を受け、フィラリアに感染していないことを確認してから薬を使用するようにしましょう。
バジルガードプラスをはじめとするフィラリア予防薬共通の注意点として、投薬を始める前にフィラリア感染の検査を受けなければなりません。これは、もしフィラリアが血中に存在していることを知らずに投与してしまうと、多数のフィラリアが一度に死滅して発熱やショック状態を引き起こし、最悪の場合死に至るためです。動物病院で血液検査を受け、フィラリアに感染していないことを確認してから薬を使用するようにしましょう。
万が一、薬の使用により発疹、おう吐、吐き気などの症状がみられた場合には、すみやかに使用を中止して病院で診察を受けましょう。

閉じる