インターセプター

インターセプターチュアブルはフィラリア予防と体内寄生虫駆除が出来る経口のお薬です。愛犬が喜ぶ美味しいおやつタイプですので、お薬を嫌がる愛犬にも無理なく食べさせることが出来ます。蚊の発生から終息の1~2ヶ月間に毎月1回投与することでフィラリア症の予防に有効です。人獣共通感染症の予防のためには、通年投与が推奨されています。
インターセプターチュアブル小型犬用 6錠

インターセプターチュアブル小型犬用 6錠

6,900円

4〜11kgまでの小型犬用です。インターセプターチュアブルはフィラリア予防と体内寄生虫駆除が出来る経口のお薬です。おやつタイプですので、お薬を嫌がる愛犬にも無理なく食べさせることが出来ます。

インターセプターチュアブル中型犬用6錠

インターセプターチュアブル中型犬用6錠

7,000円

フィラリア予防と体内寄生虫駆除が出来る11〜22kgまでの中型犬用の経口のお薬です。蚊の発生から終息の1~2ヶ月後までの期間与えてください。美味しいおやつタイプですので、無理なく食べさせることが出来ます。

インターセプターチュアブル超小型犬用 6錠

インターセプターチュアブル超小型犬用 6錠

6,200円

フィラリア予防と体内寄生虫駆除が出来る4kg未満の超小型犬用の経口のお薬です。蚊の発生から終息の1~2ヶ月後までの期間与えてください。美味しいおやつタイプですので、無理なく食べさせることが出来ます。

インターセプターチュアブル大型犬用 6錠

インターセプターチュアブル大型犬用 6錠

7,300円

フィラリア予防と体内寄生虫駆除が出来る22〜45kgまでの大型犬用の経口のお薬です。蚊の発生から終息の1~2ヶ月後までの期間与えてください。美味しいおやつタイプですので、無理なく食べさせることが出来ます。

     

インターセプターチュアブルの特徴

フィラリア予防

インターセプターチュアブルはフィラリア予防と体内寄生虫駆除が出来る経口のお薬です。愛犬が喜ぶ美味しいおやつタイプですので、お薬を嫌がる愛犬にも無理なくまるでご褒美のように食べさせることが出来ます。蚊の発生から終息の1~2か月間に毎月1回投与することで、フィラリア症の予防に有効です。人獣共通の感染症予防のために、通年投与が推奨されています。
世界中で定評のあるフィラリア症予防のチュアブルタイプとして、トップクラスの人気を誇るお薬です。ミルベマイシンを主成分として、寄生虫に対して強い効果を発揮します。

インターセプターチュアブルの服用期間

インターセプターチュアブルはミルベマイシンを主成分として、寄生虫の対して強い効果を発揮します。獣医師の指示のもと服用してください。フィラリア症の予防には蚊の発生から終息の1~2か月間に、毎月1回投与で十分ですが、近年問題になっている人獣共通感染症の予防のために、通年投与が推奨されています。
もし、服用を忘れて15日以内の場合は、すぎに服用するようにしてください。その後は通常のスケジュールに戻してください。忘れていた期間が15以上30日以内の場合は、フィラリアの予防は、服用再開で維持されるので、すぐに服用してください。その後、通所のスケジュールに戻して、2か月間行なってください。
最後の服用から60日以上経過している場合は、獣医師に相談してください。

様々な種類の腸内寄生虫を駆除する

インターセプターの駆除できる寄生虫の種類は非常に幅広く、フィラリアの幼虫はもちろん、犬回虫・犬鉤虫、犬鞭中、瓜実条虫、多包条虫などに対応しており、エキノコックス(人獣共通感染症)にも有効です。

インターセプターチュアブルの使用方法

投与量は一回一錠です。投与前に必ず血液検査を行い、ミクロフィラリアがいないことを動物病院で獣医師に確認ののちに、投与を行って下さい。予防のためには、毎月同じ日付に投与するのが好ましいです。フィラリア予防には、蚊の発生から終息の1~2か月後までは与えてください。愛犬が喜ぶおやつタイプのお薬のため、誤食を防ぐために開けづらい使用になっております。開けづらいようでしたら、ハサミで切って開封してください。
最大の効果を得るために、少量の食事と一緒に与えます。ドックフードを少量与えてから、オヤツとしてそのまま食べさせたり、錠剤を砕いてフードに混ぜるようにします。

インターセプターチュアブルの注意事項

  • ・必ずペットの体重にあった製品を使用してください。45kgを超える場合は、超過分の体重に応じて適切な製品を組み合わせてください。
  • ・14週齢未満の子犬または、体重2.3kg未満の犬には投与しないでください。
  • ・犬以外の動物には投与しないでください
  • ・妊娠中や授乳中のペットに与える場合は事前に獣医師に相談してください。
  • ・投与を開始する前には、必ずフィラリアの血液検査を行い、ミクロフィラリアがいないことを確認してください。
  • ・多の薬との併用は副作用を起こす可能性があります。他の医薬品と併用する場合は獣医師に相談してください。

インターセプターの種類

インターセプターは体重別で与える薬の量が異なります。愛犬の体重にあったものを与えるようにしましょう。

インターセプターの価格

ペットの薬を購入する方法としてもっとも一般的なのは動物病院で処方してもらう方法です。ここでは動物病院でのインターセプターの販売価格とペットのおくすりの販売価格を比較してみました。

某動物病院ペットのおくすり
インターセプターチュアブル 超小型犬用(4kg未満) 6錠7,400円(通常税別)6,200円(税込み)
インターセプターチュアブル 小型犬用(4~11kg) 6錠8,200円(通常税別)6,900円(税込み)
インターセプターチュアブル 中型犬用(11~22kg) 6錠8,300円(通常税別)7,000円(税込み)
インターセプターチュアブル 大型犬用(22~45kg) 6錠9,200円(通常税別)7,300円(税込み)
これにプラスして診察料がかかります。
もちろん病院によって値段は前後しますが、今回は定価をご紹介します。販売元はノバルディスで、フィラリア予防薬でいて、多くの寄生中予防もしたいという方にお勧めのお薬になります。
ペットのおくすりでは送料も完全無料なので、おそらくインターセプターのネットチュアブルの販売の中でも最安値で購入できると思います。
診察料も送料もかからず薬代だけなので毎月の薬代をかなり安く抑えることができます。

定期的な診察は病院で、薬購入はペットのおくすりで

投薬前には必ず、愛犬の全身状態のチェックや感染症にすでにかかっていないかを見てもらい、その後薬をペットのおくすりで購入するのが安心で価格も抑えられておすすめです。

インターセプターチュアブルの効果

寄生虫には様々な種類が存在し、外飼いや散歩などが原因で簡単に感染してしますため、常にあらゆる寄生虫病を予防する必要があります。インターセプターチュアブルは多くの寄生虫を駆除出来るので、手軽に健康を維持出来ます。

フィラリアの幼虫

インターセプターでフィラリア感染を予防しよう

フィラリア症は、蚊を媒介にしてフィラリアの幼虫であるミクロフィラリアが体内に入り込みことで感染します。最悪の場合は命を落とす場合もある、大変危険な病気ですので、しっかりとした予防が大切です。~9月の間にマダニが発生することが多いのですが、1年を通じて活動していますので、季節に関わらず注意が必要です。

回虫

インターセプターで回虫を駆除しよう

回虫は、主に産まれて6か月未満の子犬が特に感染しやすいと言われてます。ふんを媒介にして感染するので、散歩中にものを口に入れないように注意しましょう。下痢や嘔吐の症状を引き起こします。~9月の間にマダニが発生することが多いのですが、1年を通じて活動していますので、季節に関わらず注意が必要です。

鉤虫

インターセプターで鉤虫を駆除しよう

鉤虫は、下痢や嘔吐、貧血などを引き起こしますが、国内で感染するケースはほとんどありません。普段の生活においては必要以上に気にすることはありませんが、海外旅行に連れていく場合は注意が必要です。~9月の間にマダニが発生することが多いのですが、1年を通じて活動していますので、季節に関わらず注意が必要です。

鞭虫

インターセプターで鞭虫を駆除しよう

少量の鞭虫に寄生されたとしても、ほとんど無症状ですが、大量寄生されると血便などの症状が現れます。~9月の間にマダニが発生することが多いのですが、1年を通じて活動していますので、季節に関わらず注意が必要です。

サナダ虫

インターセプターでサナダ虫を駆除しよう

食欲低下などを引き起こすサナダ虫は、ノミを媒介にして寄生します。身体を舐めることで毛に付着していたノミを飲み込み、感染するケースが多いです。~9月の間にマダニが発生することが多いのですが、1年を通じて活動していますので、季節に関わらず注意が必要です。

多包条虫

インターセプターで多包条虫を駆除しよう

多包条虫の別名は、キツネに感染することで有名なエキノコックスです。たまに下痢などの症状がみられますが、基本的には無症状です。~9月の間にマダニが発生することが多いのですが、1年を通じて活動していますので、季節に関わらず注意が必要です。

インターセプターの成分

様々な種類の腸内寄生虫を駆除する成分

インターセプターの有効成分の一つミルベマイシンオキシムがフィラリア幼虫や回虫、鈎虫、鞭中の神経細胞や筋肉細胞の膜を過分極させることにより急速に駆除します。加えてもう一つの有効成分プラジクカンテルが瓜実条虫、多包条虫の被膜に作用し、虫体筋肉の収縮、痙攣性麻痺を含めた数々の二次的な生化学的反応を起こすことで駆除します。

商品別のミルベマイシンオキシム、プラジカンテルの含有量

  • ・インターセプターチュアブル 超小型犬用(4kg未満) 6錠:本品中にミルベマイシンオキシム2.3mg、プラジカンテル22.8mg
  • ・インターセプターチュアブル 小型犬用(4~11kg) 6錠:本品中にミルベマイシンオキシム5.75mg、プラジカンテル57mg
  • ・インターセプターチュアブル 中型犬用(11~22kg) 6錠:本品中にミルベマイシンオキシム11.5mg、プラジカンテル114mg
  • ・インターセプターチュアブル 大型犬用(22~45kg) 6錠:本品中にミルベマイシンオキシム23mg、プラジカンテル228mg

インターセプターの副作用

犬のケース

初回投与時は嘔吐することがあります。1時間以内に錠剤を吐きだしてしまった場合は、2~3日後に再投与するか、他の薬剤に変更して下さい。また、場合により下痢、食欲不振、元気消失、眠気を起こすことがあります。

閉じる