キウォフハート

キウォフハートは錠剤タイプのフィラリア予防薬です。予防効果の高いと言われる「イベルメクチン」を主成分として、フィラリア症感染を予防するのと同時に、回虫・鉤虫といったお腹の虫を駆除してくれます。月1回の簡単な投薬で、犬糸状虫の幼虫が成虫になるのを妨ぐ効果も期待できます。ミート風味に味付されており、餌にも混ぜやすいため、薬が苦手なペットにも与えやすいです。
キウォフハート小型犬用(~11Kg) 6錠
  • 【オススメ】

キウォフハート小型犬用(~11Kg) 6錠

2,900円

11kg未満の小型犬用です。ハートガードプラス(カルドメック)のジェネリックです。錠剤タイプのフィラリア予防薬で月1回の簡単な投薬で、効果が期待できます。餌にも混ぜやすいため、与えやすいです。

キウォフハート中型犬用(12- 22 Kg)6錠
  • 【オススメ】

キウォフハート中型犬用(12- 22 Kg)6錠

3,200円

予防効果の高いと言われる「イベルメクチン」を主成分として、フィラリア症感染を予防するのと同時に、お腹の虫を駆除してくれます。 月1回の投薬で、犬糸状虫の幼虫が成虫になるのを妨ぐ効果も期待できます。

キウォフハート大型犬用(23- 45 Kg) 6錠
  • 【オススメ】

キウォフハート大型犬用(23- 45 Kg) 6錠

3,500円

本製品キウォフハートは錠剤タイプのフィラリア予防薬で、フィラリア症感染を予防するのと同時に、お腹の虫を駆除してくれます。 月1回の簡単な投薬で、犬糸状虫の幼虫が成虫になるのを妨ぐ効果も期待できます。

     

キウォフハートの特徴

チュアブルタイプのフィラリア予防薬

キウォフハートはチュアブルタイプのフィラリア予防薬です。世界的に有名なブランド「ハートガード」や日本で販売されている「カルドメックチュアブル」と同じ成分のジェネリック商品で、予防効果の高いイベルメクチンを主成分としています。月1回の簡単な投薬で、フィラリアの幼虫が成虫になるのを防ぐのと同時に、回虫・鉤虫といったお腹の虫を駆除する効果があります。薬が苦手なワンちゃんでも食べやすいように、ミート風味に味付けされておりフードなど混ぜて与えやすくなっています。

効果

キウォフハートは、フィラリア(犬糸状虫)の幼虫が成虫になるのを防ぐ効果があります。また、回虫・鉤虫などの寄生の予防にも効き目を発揮します。キウォフハートの特徴はその効き目の早さで、投薬後30分には効果が出はじめます。効果は1か月間継続するので、毎月1回の投薬を行います。

ミートフレーバーつきで与えやすい

薬が苦手なワンちゃんのために、犬の好む味を調査して作られたキウォフハート。もっとも食いつきのよかったミートフレーバーで嫌がらずにおいしく食べてくれます。キウォフハートなら、飼い主さんの投薬ストレスも軽減されますね。

ジェネリック医薬品とは

キウォフハートは、ハートガードプラス(日本名カルドメックチュアブル)のジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期限が切れた後に同一の成分・品質・投与量で作られた医薬品をさします。開発費がかからないぶん比較的安価であり、さらに国の認可を経てから発売されるので安全性も保障されています。キウォフハートはその高い安全性から、生後6週間以上の子犬や妊娠中または授乳中のメスにも与えることができ、幅広く使用されている医薬品です。

注意点

キウォフハート犬用は犬専用の寄生虫駆除薬です。猫やそのほかの動物には与えないようにしましょう。

キウォフハートの種類

キウォフハートは体重別で与える薬の量が異なります。愛犬の体重にあったものを与えましょう。

キウォフハートの価格

ペットの薬を購入する方法としてもっとも一般的なのは動物病院で処方してもらう方法です。ですが、動物病院によって値段はまちまちで、薬代に加えて診察料がかかります。

ペットのおくすりの場合

  • ・キウォフハート小型犬用(~11Kg) 6錠で2900円(税込み)
  • ・キウォフハート中型犬用(12~22 Kg) 6錠で3200円(税込み)
  • ・キウォフハート大型犬用(23~45 Kg) 6錠で3500円(税込み)

ペットのおくすりでは送料も完全無料なので、おそらくキウォフハートのネット販売のなかでもかなり安価で購入できます。診察料も送料もかからずに薬代だけなので、毎月の薬代をかなり安く抑えることができます。

定期的な診察は病院で、薬購入はペットのおくすりで

薬の購入はペットのおくすりを利用し、定期的な健康チェックは動物病院で受ける方法がおすすめです。とくにフィラリア予防は、薬を飲ませる前にフィラリア症にかかっていないか確認する必要がありますので、必ず病院で検査を受けましょう。

キウォフハートの効果

キウォフハートはフィラリア感染症を予防するのと同時に、回虫や鉤虫などお腹の虫を駆除してくれます。

フィラリア

蚊が媒介する感染症

フィラリア症は、フィラリアと呼ばれる寄生虫が蚊によって媒介されて感染する病気です。フィラリアの幼虫であるミクロフィリアを保持している蚊に吸血されることで感染し、犬の体内に侵入したミクロフィリアは成長しながら肺動脈や心臓へと移動していきます。およそ6ヶ月間かけて体長30cmにまで成長したフィラリアの成虫は、犬の体内で5年ほど生存するといわれています。

フィラリア症の症状

感染してすぐにはほとんど症状がみられませんが、数年経過すると疲れやすさや元気の低下などの異変がみられるようになります。また、散歩を嫌がるようになることもあります。さらに、むくみや腹水、せき、苦しそうに呼吸をするといった症状があらわれ、進行すると意識を喪失することもあります。これらの症状は、成長したフィラリアのために血行が悪化し、肺や心臓のはたらきに障害が起きることが原因です。重症化すると命を落とすことになりとても危険な病気です。

フィラリア症は予防が大切

感染して症状が出てしまうと犬の体への負担が大きいために治療が難しく、致死率も高いフィラリア症は、事前に予防することがなによりも大切です。
媒体となる蚊の活動期間に合わせて、蚊が発生する時期から、蚊がいなくなったあと1か月後まで、定期的に予防を行います。キウォフハートは投与後1か月間効果が続くので、月一回決まった日に与えてフィラリア症を予防します。

寄生虫

回虫、鉤虫などは「お腹の虫」と呼ばれるように、犬の体内に侵入すると消化管内に寄生して、下痢、血便、おう吐、貧血、体重減少などの害をもたらします。キウォフハートにはこれらの寄生虫をけいれん麻痺させて、排泄とともに体外へ出して駆除する作用があります。

キウォフハートの成分

予防効果の高い有効成分が含まれる

予防効果が高いとされている「イベルメクチン」を主成分としており、これによってミクロフィリアを死滅させ、成長して成虫になることを妨げます。もうひとつの成分である「パモ酸ピランテル」は、回虫・鉤虫などの寄生虫を駆除するはたらきがあります。これらの成分は、オリジナルの医薬品であるハートガードプラス(日本名カルドメックチュアブル)と同成分・同分量であり、安全性の高さが認められています。

効き目が早いのが特徴

予防だけでなく、すでに寄生虫がいるケースでも有効なキウォフハート。投薬後30分で効果が出はじめます。即効性を求める場合にはとてもメリットがあります。

キウォフハートの副作用

キウォフハートは安全性の高い薬として幅広く受け入れられていますが、使用する前には必ずフィラリアに感染していないか検査して確認する必要があります。これはどのフィラリア予防薬においても同様で、もし感染しているにも関わらず予防薬を投与した場合、体内にいる多数のフィラリアが一度に死滅して犬が全身性のショック状態を起こし、最悪の場合死に至ってしまうからです。
フィラリア予防薬のこのような副作用を防ぐためには、投薬前に血液検査を行いフィラリアに感染していないことを確認しなければなりません。検査は動物病院で受けられますので、獣医さんに相談してみましょう。

閉じる