パノラミス

パノラミスは、フィラリアの予防に加えて、体内の寄生虫、ノミ、マダニの駆除・予防に強い効果があり、特にノミ成虫に対しては使用後30分程度で効き始め、4時間後には100%の駆除効果を発揮します。 フレーバーのついた経口投与薬なので、そのままおやつとして食べさせたり、フードに混ぜてご使用できます。投与後は体の中から全身にくまなく行き届くので、スポット剤で駆除が難しかった眼の周りや鼻先、指の間に隠れたノミ・マダニにも効果があります。またシャンプーなどによって効果が落ちることもないため、いつでもシャンプーや水浴びができます。
パノラミス小型犬(4.6~9kg)6錠

パノラミス小型犬(4.6~9kg)6錠

11,700円

4.6~9kgまでの小型犬用です。フィラリア予防、ノミ・ダニ・マダニからその他寄生虫まで駆除できる薬です。フレーバーのついた経口投与薬なので食べやすくいつでもシャンプーや水浴びができます。

パノラミス中型犬(9.1~18kg)6錠

パノラミス中型犬(9.1~18kg)6錠

12,150円

9.1~18kgまでの中型犬用です。フィラリア予防、ノミ・ダニ・マダニからその他寄生虫まで駆除できる薬です。フレーバーのついた経口投与薬なので食べやすくいつでもシャンプーや水浴びができます。

パノラミス大型犬(18.1~27kg)6錠

パノラミス大型犬(18.1~27kg)6錠

11,000円

蚊の発生から終息の2ヶ月後までの間、1ヶ月間隔定期投与しフィラリア症を完全に予防するノミ・マダニ駆除薬、大型犬用です。摂取後4時間で100%の駆除効果が報告されてます。少量のフードにまぜて与えて下さい。

パノラミス超小型犬(2.3~4.5kg)6錠

パノラミス超小型犬(2.3~4.5kg)6錠

9,500円

蚊の発生から終息の2ヶ月後までの間、1ヶ月間隔定期投与しフィラリア症を完全に予防するノミ・マダニ駆除薬、超小型犬用です。摂取後4時間で100%の駆除効果が報告されてます。少量のフードにまぜて与えて下さい。

パノラミス超大型犬(27.1~54kg)6錠

パノラミス超大型犬(27.1~54kg)6錠

11,500円

蚊の発生から終息の2ヶ月後までの間、1ヶ月間隔定期投与しフィラリア症を完全に予防するノミ・マダニ駆除薬、超大型犬用です。摂取後4時間で100%の駆除効果が報告されてます。少量のフードにまぜて与えて下さい。

     

パノラミスの特徴

これひとつでフィラリアやノミ・マダニを予防・駆除できる

パノラミスは、有名な製薬会社であるイーライリリー社の動物薬部門エランコが製造販売しているブランド薬です。フィラリアの予防だけでなく、1錠で3タイプ6種類の寄生虫対策に効果を発揮します。投与すると体の中から全身に効き目が行きわたり、スポットタイプではカバーしきれなかった目の周りや鼻の先、指の間などに隠れているノミ・マダニを駆除することができます。パノラミスにはミルベマイシンとスピノサドという2つの成分が含まれており、フィラリア予防と消化管内寄生虫の駆除には前者が、外部寄生虫の駆除には後者が有効です。

効果

フィラリア症予防に加えて、回虫・鉤虫・鞭虫などの消化管内寄生虫、ノミ・マダニなど外部寄生虫といった犬に寄生するほぼすべての寄生虫を駆除することができます。とくにノミの成虫は投与後30分から効果が出はじめ、4時間経過後には100%の駆除効果を期待することができます。ノミ・マダニ駆除の場合は、寄生虫の活動期間内に月1回の投与を継続します。

フレーバーつきの経口薬

ビーフフレーバーなのでおやつとしても与えやすくなっています。錠剤が苦手な場合はフードに混ぜたり、好きな食べ物に包んであげると食べやすくなります。

シャンプーや水浴びも気にならない

スポットタイプと違い、投与した後に被毛がベタついたりにおいが気になったりすることがなく、シャンプーや水遊びのタイミングを気にする必要もありません。滴下薬をさわってしまう心配があるような、多頭飼いや小さいお子様のいる家庭であれば経口薬であるパノラミスがおすすめです。

注意点

パラノミスは犬専用の寄生虫駆除薬です。猫やそのほかの動物には与えないようにしましょう。

パノラミスの種類

パノラミスは体重別で与える薬の量が異なります。愛犬の体重にあったものを与えましょう。

パノラミスの価格

ペットの薬を購入する方法としてもっとも一般的なのは動物病院で処方してもらう方法です。
動物病院でも、フィラリア・ノミダニ・寄生虫の薬を別々に与えるよりもパノラミスのほうがお得であると紹介しているところが多く人気のおくすりとなっています。

ペットのおくすりの場合

  • ・パノラミス超小型犬(2.3~4.5kg) 6錠で9500円(税込み)
  • ・パノラミス小型犬(4.6~9kg) 6錠で9500円(税込み)
  • ・パノラミス中型犬(9.1~18kg) 6錠で12150円(税込み)
  • ・パノラミス大型犬(18.1~27kg) 6錠で11000円(税込み)
  • ・パノラミス超大型犬(27.1~54kg) 6錠で11500円(税込み)

ペットのおくすりでは送料も完全無料なので、おそらくパノラミスのネット販売のなかでもかなり安価で購入できると思います。
海外からの発送で、海外製のパノラミスですが、パッケージの違いだけで中身は全く同じ成分、製品になります。

定期的な診察は病院で、薬購入はペットのおくすりで

薬はペットのおくすりで購入しても、定期的な健康診断は動物病院で診てもらうほうがやはり安心です。薬を投与する前に万が一フィラリア症に感染していないかチェックしてもらい、またノミやダニが活動する季節にはしっかり予防できているか全身状態を診てもらうことをおすすめします。

パノラミスの効果

パノラミスはフィラリア、ノミ・マダニ、犬が感染するおそれのある寄生虫の駆除に効果があります。

ノミ

ノミは広範囲に生息しています

ノミは非常に種類が多く、世界中に生息していている外部寄生虫です。犬や猫のほか人にも寄生する人畜共通感染症であり、日本国内では主にネコノミによる被害がもっとも多くなっています。体長は約1~3cmで肉眼でも確認でき、褐色で平たい形状をしています。

病原体を媒介する

ノミに吸血されると、その唾液の中に含まれる成分がアレルゲンとなってアレルギー反応を引き起します。主な皮膚症状はかゆみ、脱毛、湿疹、赤み、炎症などで、症状の度合いは個体によって異なりますが、少数の寄生であっても重症化するケースもみられます。また、皮膚炎のほかにも瓜実条虫症や猫ひっかき病などほかの病気の原因となる病原体を媒介します。

ノミの繁殖力

ノミは高温多湿な環境をこのみ、驚異的な繁殖力を発揮します。メスが10匹いればひと月後には2000匹に増殖し、さらに9万個以上の卵を産み10万匹以上の幼虫がふ化するといわれています。このことから、ノミを見つけたら放置せずにすぐ駆除を行い、同時に卵や幼虫も死滅させることがとても重要なのです。

パノラミスで行うノミ駆除

パノラミスはノミ駆除に対してとくに高い効果を発揮し、投与後30分で効きはじめると4時間後にはほぼ100%の駆除効果が期待できます。また、効果が1か月間継続するのでノミが再び繁殖するのを防ぐことができます。ノミは室内でもソファのすみやカーペットの裏側などで繁殖し、暖房設備が整っている現在では冬でも生息が可能になっています。室内飼いだから、冬はノミがいないはずだから、と油断せずに1年を通して予防・駆除を行うことがのぞましいといえます。

マダニ

重篤になりやすいマダニの症状

ダニはさまざまな種類がありますが、その中でもマダニは重篤な症状を引き起こしやすいので、とくに注意が必要です。他のダニとは違い体長が3~4mmと大きく肉眼でも確認でき、固い外皮におおわれた形状をしています。

草むらに潜んでいるマダニ

マダニは主に草むらに潜んで生息していて、人や犬が近づくと熱や二酸化炭素に反応して飛び移ります。野山などに限らず、河川敷や道端、公園などが散歩コースである場合も要注意です。皮膚や被毛に付いたあと、皮膚表面に咬みついて吸血します。マダニの唾液には病原体が含まれていることがあり、それによって他の病気を媒介されるおそれがあります。

感染症の原因となる

マダニに吸血されると、唾液の成分がアレルゲンとなりアレルギー性皮膚炎を発症するほか、大量寄生されると貧血を起こすこともあります。またマダニからウイルスや菌をうつされて、バベシア病、ライム病、Q熱、リッチケア症などの感染症を起こすこともあり、場合によっては命にかかわるケースもみられます。このような感染症を防いで犬の健康を守るために、マダニの予防・駆除は欠かせません。

パノラミスでマダニ対策を

マダニは耳や目の周り、鼻の周り、胸部、足の付け根、お尻などに寄生しやすく、寄生すると犬の血を吸って生存します。マダニを見つけたからといって無理に取ろうとすると、血を吸っている吸口の部分だけが皮膚内に残って炎症の原因となるので禁物です。また、誤ってつぶしてしまうとマダニがもっている病原菌などを犬に感染させてしまうおそれもあります。マダニを見つけたら駆除薬を使用するか、前もって寄生するのを防ぐことが肝心です。
パラノミスは一回の投与で1か月間効果が持続し、マダニの寄生を予防することができます。ついてしまったマダニに対しても高い即効性を発揮し駆除することができます。

フィラリア

フィラリアは犬の心臓や肺動脈に寄生する寄生虫で、蚊が媒介することによって犬や猫に感染します。犬糸状虫ともよばれ、成虫になると体長が30cmにまで成長します。犬がフィラリア症を発症すると、成長したフィラリアのために血液の流れが悪化して肺や心臓にさまざまな障害をもたらします。重症化すると命を落とすことになる怖い病気であり、飼い主にとってフィラリアを予防することは愛犬の命を守るために不可欠であるといえます。
パノラミスによるフィラリア予防では、媒体となる蚊の活動期間に合わせて投与を行います。蚊の発生時から、蚊がいなくなってから2か月後までの間、1か月間隔でパノラミスを与えます。少量のフードなどにまぜて与えると食べやすくなります。ノミ・ダニに加えてフィラリア症も予防できるパノラミスで、こわい病気から愛犬を守ってあげたいですね。

寄生虫

犬が感染する可能性のある内部寄生虫には、回虫、鉤虫、鞭虫などがあります。これらの寄生虫は消火器管内に寄生し、さまざまな症状を引き起こします。回虫は出生前の母体内や母乳を通じて感染し、下痢、血便、おう吐、貧血、体重減少、発育不全などの原因となります。パノラミスは月1回の投与で、これらの寄生虫の寄生を予防・駆除、もしくは症状に対処することができます。

パノラミスの成分

ノミ、マダニに効果のあるスピノサド

パノラミスには2種類の有効成分が含まれています。ひとつは、ノミやマダニなどの外部寄生虫に効果のあるスピノサドです。節足動物の神経を麻痺させる作用のあるスピノサドは、犬の体内ですみやかに吸収され、皮下の脂肪組織に蓄積されます。吸血したノミやマダニは血液とともにスピノサドを取り込むことになり、駆虫効果が得られる仕組みとなっています。ノミは投与後3日間で9割が死滅し、マダニは20日程度でほぼ駆除されるとされています。

フィラリアと内部寄生虫に効果のあるミルベマイシン

もうひとつの成分であるミルベマイシンは、フィラリアや消化管内の寄生虫の駆除に効果を発揮します。神経細胞や筋細胞における神経伝達作用に障害をもたらし、麻痺を起こさせて死滅させるはたらきをします。1か月おきに確実に投与することで、100%の予防効果を期待することができます。

パノラミスの副作用

パノラミスを使用するにあたっては、コリー犬に投与する場合には注意が必要です。コリーは犬種のなかでも薬剤に弱いという先天的特徴を持っています。パノラミスの有効成分であるミルベマイシン自体はコリー種に投与しても問題ありませんが、ノミダニ駆除成分であるスピノサドとともに摂取すると副作用が起きることがあり危険とされています。コリー種にはパノラミスの投与を避けることがのぞましく、一度獣医さんに相談して他の薬の使用を検討することをおすすめします。
また、スピノサドには胃や十二指腸を刺激しておう吐を引き起こす副作用がまれにみられます。与えるときには空腹時を避け、フードやおやつと混ぜて与えるのがよいでしょう。

閉じる