オムナコルチル

オムナコルチルはプレドニンのジェネリック医薬品(後発医薬品)です。オムナコルチルは主に激しいかゆみを伴う皮膚炎やアレルギー性、免疫系などの疾患に対しての症状を改善する免疫抑制剤です。 プレドニゾロンという有効成分が含まれており、皮膚炎によるかゆみの緩和に優れた作用が認められています。
オムナコルチル5mg 100錠
  • 【オススメ】

オムナコルチル5mg 100錠

2,200円

プレドニンのジェネリック薬品のステロイド剤です。皮膚炎やアレルギー性、免疫系疾患の症状を改善させる免疫抑制剤です。プレドニゾロン5mgが、その他呼吸器や自己免疫症・血液の病気など幅広い症状に対応します。

オムナコルチル 20mg 100錠
  • 【オススメ】

オムナコルチル 20mg 100錠

2,600円

プレドニンのジェネリック薬品のステロイド剤です。皮膚炎やアレルギー性、免疫系疾患の症状を改善させる免疫抑制剤です。プレドニゾロン20mgが、その他呼吸器や自己免疫症・血液の病気など幅広い症状に対応します。

     

オムナコルチルの特徴

皮膚炎やアレルギー性、免疫系疾患などの症状を改善する

オムナコルチルは、激しいかゆみをともなう皮膚炎やアレルギー性疾患、免疫系疾患などの治療に使用されるステロイド薬です。有効成分のプレドニゾロンが皮膚炎によるかゆみの緩和に効果を発揮します。プレドニンのジェネリック医療品(後発医薬品)であるオムナコルチルは、その免疫抑制作用によって呼吸器や肺の病気、アレルギー、炎症、自己免疫症、皮膚病、腸の病気、脊髄、脳や血液の病気といった幅広い症状に対応します。

効果

皮膚炎はかゆみの症状に留まらず、かゆみによって引き起こされる精神的なストレスや、掻きむしることによる炎症の悪化、細菌感染などの原因にもなります。オムナコルチルは皮膚炎の治療においてもっとも重要なかゆみの緩和に効果があります。また呼吸器系や肺の病気、アレルギー、炎症、自己免疫症、腸の病気、脊髄、脳や血液の病気などにも使用される合成副腎皮質ホルモン(ステロイド剤)です。副腎皮質ホルモン不足が原因で起こる急性副腎不全や下垂体機能低下症などの緩和にも使用されます。

ジェネリック医療品とは

オムナコルチルはプレドニンのジェネリック医薬品(後発医薬品)です。ジェネリック医療品とは、ブランド薬の特許期限が過ぎた後に同一の成分・投与量・品質で作られた医療品です。開発費用がかからないぶん安価で購入できるうえ、品質が保証されているために人気があり幅広く使用されています。

使用方法

使用の際にはかならず獣医師の指示に従いましょう。一般的には投与後1週間ほどで効果があらわれます。抗炎症の場合は、体重1kgあたり0.2~0.6mgを1日2回まで投与します。

注意点

オムナコルチルは動物用にも使用されている人間用医薬品です。獣医師と相談して指示に基づいて使用しましょう。全身性の真菌性感染症が認められる動物への使用は避けてください。免疫制御作用があるため、細菌やウイルスによる感染症にかかりやすくなります。感染症による症状を抑制することがあるため、注意してご使用ください。14週齢未満の子犬、体重2.3Kg未満の子犬、妊娠中・授乳中の犬に与える場合には、事前に獣医師に相談して慎重に投与してください。

オムナコルチルの種類

オムナコルチルは体重によって与える薬の量が異なります。愛犬の体重にあわせて投薬を行いましょう。

オムナコルチルの価格

ペットのおくすりの場合

  • ・オムナコルチル 5mg 100錠 2,200円(税込み)
  • ・オムナコルチル 20mg 100錠 2,600円(税込み)

ペットの薬を購入する場合、動物病院で処方してもらうのがもっとも一般的な方法であるといえます。しかし実際には、病院ごとに薬の価格設定がまちまちであったり、薬代だけでなく診察代もかかるなど、飼い主さんの経済的な負担になる場合も少なくありません。
ペットのおくすりで薬を購入すれば送料無料で診察代もかからず、オムナコルチルのネット販売のなかでも安価で購入が可能です。また、時間がとれずなかなか病院に行けないときや、多頭飼育なのでまとめて購入したいときなどにもネットでの購入がおすすめです。

定期的な診察は病院で、薬購入はペットのおくすりで

薬の購入は安価で便利なペットのおくすりで、そしてペットの定期的な健康チェックは動物病院で受けるのがおすすめの方法です。ほかの感染症や寄生虫にかかっていないか、定期的に全身状態を診てもらってペットの健康を守りましょう。また、薬を使用する際には獣医師とよく相談し、指示に従って使用することがより効果的な治療につながります。

オムナコルチルの効果

ステロイド薬として有名

オムナコルチルは合成副腎皮質ホルモンで一般的にはステロイド薬と言われています。炎症をしずめたり、免疫系をおさえる作用があり、炎症性の病気、免疫系の病気、アレルギー性の病気などに広く使用されています。

合成副腎皮質ホルモンって?

合成副腎皮質ホルモンというと聞き覚えのある人の方が少ないかと思いますが、腎臓の上の方にある副腎と呼ばれる臓器の一部で副腎皮質ホルモンが作られます。
この副腎皮質ホルモンを人工的に合成したものが合成副腎皮質ホルモンです。

獣医師にも良く使用されているステロイド薬

犬にもアレルギーやアトピーにステロイド薬を使用されることが多いですが、こちらのオムナコルチルやプレドニンは獣医師からも良く使用されているステロイド薬となっています。
皮膚疾患のペットを飼われている方は一度は服用したことがあるのではないでしょうか?

他にもさまざまな疾患に効果が

またこの副腎皮質ホルモンの量が低下する事で様々な病気を誘発します。
特にこのホルモンが大きく関わる犬の病気の代表として下垂体機能低下症、急性副腎不全、アジソン病などがあります。
これらの疾患に対してもオムナコルチルが治療薬として用いられることがあります。

オムナコルチルの成分

オムナコルチルに含まれている有効成分プレドニゾロンは、炎症やアレルギー性の病気によるかゆみなどの症状を緩和する免疫抑制の作用を有しています。プレドニゾロンは副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)ともよばれ、アレルギーや皮膚炎、自己免疫症、アジソン病、バクテリアショックの治療などに幅広く使用されています。

オムナコルチルの副作用

プレドニゾロンの長期使用や不適切な使用によっては、クッシング症候群やアジソン病など生命の維持に影響を及ぼすホルモン異常や代謝機能異常を引き起こすおそれがあります。使用には十分ご注意ください。万が一異変や副作用などの症状がみられる場合には、早急に獣医師へ相談・診察を受けるようにしてください。

オムナコルチルに関連のペットニュース

【症状】皮膚がおかしい 

【症状】皮膚がおかしい 

皮膚病にかかるとかゆみなどがでるため、犬は患部をしきりになめたりかんだりするようになります。被毛に覆われている…

【症状】毛が抜ける

【症状】毛が抜ける

もともと犬は季節によって暑さや寒さに対応するために毛が抜け替わります。季節の抜け替わりによって毛が抜けるのは心…

【症状】耳がおかしい 

【症状】耳がおかしい 

犬の耳の病気ではまず外耳炎があげられますが、ほかにもいろいろな症状と病気があり意外と病気になりやすい器官です。…

閉じる