ジェネリック医薬品とは

人間の薬でも良く聞くジェネリック医薬品ですが、ブランドの医薬品と同じ成分・投与量・品質で作られており、安全性もブランド医薬品と同様です。
ブランド医薬品には決まった期間の特許がありますが、その期間を過ぎると他の製薬会社でも全く同じ成分で薬を作ることができるようになります。
他の製薬会社によって全く同じ成分と安全性で作られた安価な薬をジェネリック医薬品と言います。
商品にもよりますが、成分が全く同じ商品でもジェネリック医薬品ならブランドの医薬品よりも2~8割もお安くご購入いただけます。

例.成分が同じ2つのフィラリア予防薬の場合

ハートガードプラス
ストロングハート・プラス

成分は全く同じ!でもジェネリック医薬品なら約900円もお得!同じ効き目のおくすりが2割から8割安くご購入いただけます。

当店ではジェネリック医薬品には商品一覧ページで画像の下にジェネリックをつけております。
このマークがないものは全てブランド医薬品です。

閉じる