犬も虫歯になるの?デンタルケアはどうすれば良いの?

犬も虫歯になるの?デンタルケアはどうすれば良いの?

一般的に、犬は人間に比べると虫歯になりにくいといわれています。それは、犬の唾液が人間よりもアルカリ性が強く、虫歯菌の出す酸によって歯が解けるのを防いでいるためです。それに加えて、咬合面のある歯が少ない、食事に含まれる糖質が少ない、咀嚼時間が短いといったことも、虫歯になりにくい要因です。しかし、デンタルケアを怠った結果、虫歯にかかってしまう場合も少なからずあるのが現実です。虫歯についての知識を身につけ、愛犬の歯を守ってあげましょう。

 

【症状】口の中や行動に現れる変化

虫歯とは、溜まった歯垢の中の細菌が放出する酸が原因となり、歯の表面のエナメル質や象牙質が溶かされることで発生します。虫歯が発生すると口の中には、口臭、歯の変色、歯に穴が開く、歯茎の腫れや出血などの症状が現れます。犬の行動面でも、食べるのが遅くなる、食べるのを嫌がる、水をこぼすなどの変化が見られるようになります。また虫歯の痛みから、顔を触られるのを嫌がったり、前足で口の周りを触る仕草をしたり、攻撃的になったりする場合もあるようです。

 

【原因】虫歯になる三大原因

虫歯の原因は以下の三つが挙げられます。

第一に、食べ物が原因となる場合です。甘いものは虫歯菌の大好物なので、糖分を多く含んだ食事を摂ると、必然的に虫歯になる可能性が高くなります。また、歯に詰まりやすい物を食べると歯垢を作る原因にもなります。

第二の原因は、デンタルケアを怠っている場合です。いくら虫歯になりにくいと言われている犬でも、溜まった歯垢を放置しておくと菌が増殖してしまい、虫歯にかかる結果を招きます。

最後に、歯周病が虫歯の要因となる場合です。歯周病により歯と歯の間にすき間ができると(歯周ポケット)、歯の根元に食べかすや歯垢が溜まりやすくなり、さらなる虫歯の下地となってしまいます。

 

【治療】病状に応じた治療法

病状に応じて、治療法は以下の3種類があります。

1つ目は、虫歯の患部を削り取ることです。初期の段階で、よく行われる治療法です。歯のエナメル質とゾウゲ質を削り取り、そこへ充填剤をつめて修復します。

2つ目は、歯の神経を除去する方法です。症状が進行し、神経まで達してしまっている場合は、神経(歯髄)を取り除くこともあります。

最後に3つ目は抜歯です。歯茎から出た歯冠部が削られている場合には、抜歯を選択することになります。

 

【予防】歯磨きが一番

虫歯の予防には、やはり歯磨きが一番有効です。定期的な歯磨きで、虫歯や他の歯周病も予防してあげたいものです。歯磨きガムなどデンタルグッズを活用するのもよいでしょう。また、永久歯への生え変わりの時期が過ぎても乳歯が残っている場合は注意が必要です。もし乳歯が残っていると、歯のすき間がたくさんできてしまい歯垢が溜まりやすくなるからです。乳歯が残っている場合には病院で相談しましょう。

 

 

おすすめ商品

デンタルフレッシュ犬用

デンタルフレッシュ犬用

デンタルフレッシュ犬用は歯磨きをするのと同じ効果が得られる製品となります。 毎日の飲水にデンタルフレッシュを加える事で、歯磨きしたような効果が得られます。

 デンタルフレッシュ猫用

デンタルフレッシュ猫用

本製品デンタルフレッシュ猫用は歯磨きをするのと同じ効果が得られる製品となります。猫の口臭を防ぎ、健康維持をサポートします。
獣医師の指示に従い、1日1回歯磨きを行いましょう。

犬も虫歯になるの?デンタルケアはどうすれば良いの?

『犬も虫歯になるの?デンタルケアはどうすれば良いの?』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

ペットニュースカテゴリの一覧

キーワード・タグの一覧

閉じる