犬の甲状腺機能低下症について~症状を確認し早期治療を~

犬の甲状腺機能低下症について~症状を確認し早期治療を~

甲状腺は、首の上部にある小さな腺で、そこから生産・分泌される甲状腺ホルモンはエネルギー、タンパク、ビタミン、糖質代謝など生命活動に必要なホルモンです。しかし、甲状腺機能低下症によってホルモンの分泌量が減少すると、犬の活動や元気に影響を与えます。特に高齢犬に多く見られる病気ですが、症状を見ると一見、加齢によるものなのか病気によるものなのか区別が難しい疾患でもあります。

 

【症状】体全体に影響を与える

甲状腺ホルモンは代謝を調節する役割があるので、分泌量が減少すると、元気がなくなる、寒がる、体重が増えるなど、体全体のコンディションに影響が及びます。また皮膚にも様々な症状が見られるようになります。毛が薄くなったり、脱毛したり、乾燥してフケが出たり、皮膚が厚くなったり、色素沈着が見られたりします。 これ以外にも消化器系、神経系、生殖器官にも影響が出てきます。重篤になると、昏睡に陥ったり、意識障害を起こす場合もあります。

 

【原因】代表的な2つの要因

この病気の代表的な2つの要因は、免疫介在性のリンパ球性甲状腺炎と、突発性甲状腺萎縮です。 免疫介在性のリンパ球性甲状腺炎は、免疫機能が過剰に反応して、自らの体を攻撃してしまうことで発症します。

突発性甲状腺萎縮は、いまのところまだ原因が解明されていません。

また長期の投薬が原因となり、甲状腺機能低下症が引き起こされることもあります。これは、特定の薬物が甲状腺ホルモンの生産を減らす作用があるためです。

【治療】ホルモンを薬で補う

治療は、生産・分泌できなくなった甲状腺ホルモンをホルモン製剤を投与して補うホルモン補充療法が施されます。投薬を行えば症状は改善しますが、残念ながら完治はできない病気ですので、生涯にわたって治療を継続する必要があります。ホルモン剤が適切に投与されれば、活発さや体重が戻り、被毛の状態も改善されるでしょう。

 

【予防】早めに異変に気付いてあげる

甲状腺機能低下症については、原因不明な部分も多く、明確な予防法がないのが現状です。飼い主さんにできることは、日頃から愛犬の行動や体調に気を配り、少しでも早く異変に気付いてあげることです。そうすれば早期発見・早期治療につながり、症状を少しでも改善することができます。元気がなかったり、散歩に行きたがらないのを、高齢だからと放置してしまわずに、気になることがあれば病院で受診するようにしましょう。

おすすめ商品

チロノーム (チロキシンナトリウム) 75mcg

チロノーム (チロキシンナトリウム) 75mcg

チロノーム(チロキシンナトリウム)は甲状腺の障害や手術が原因で不足した甲状腺ホルモンを補う甲状腺ホルモン剤です。
チロキシンナトリウムという有効成分が甲状腺機能低下症の治療に効果があります。

犬の甲状腺機能低下症について~症状を確認し早期治療を~

『犬の甲状腺機能低下症について~症状を確認し早期治療を~』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

ペットニュースカテゴリの一覧

キーワード・タグの一覧

閉じる