人間だけじゃない!犬・猫にも発症するドライアイの原因!?

人間だけじゃない!犬・猫にも発症するドライアイの原因!?

ドライアイとは別名、乾性角結膜炎(かんせいかくけつまくえん)と呼ばれ、発症すると目の表面が乾き、角膜と結膜に炎症が生じるものです。進行すると角膜が劣化し、眼球に傷がつきます。異常に気付いたら早期治療が必要になる病気です。

【症状】ドライアイの主な症状

人間の場合、目に感じる違和感で発覚するドライアイですが、ペットの場合、目のツヤと輝きが少なくなるのが発覚症状です。その他、眼球のにごり、目ヤニの増加、結膜の肥厚、結膜からの出血、角膜に穴が空く、まぶたが癒着する等もドライアイ症状の1つです。重症の場合、失明することもあります。

【原因】ドライアイの主な原因

ドライアイの原因は主に涙分泌量の減少です。ペットの場合、遺伝的な要因である犬種独特の目の形状が原因といわれています。特に短頭種(犬の場合パグ、フレンチ・ブルドッグ等)(猫の場合ペルシャ、スコティッシュ・フォールド等)の品種改良が原因で涙腺が詰まりやすくなり、涙量が少なくなったことが原因と考えられます。 その他、眼球の老化やウイルス感染により、涙に油分が足りなくなり、潤いをたもつ力なくなった為、ドライアイになるケースも少なからずあります。

代表的な犬種は『パグ』『フレンチ・ブルドッグ』『チワワ』『パピヨン』『ヨークシャ・テリア』『キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル』『ポメラニアン』等です。

発症しやすい代表的な猫種はありません。

【治療】ドライアイの治療法

ドライアイは、点眼薬、涙促進薬を使って治療していきます。

点眼薬には、免疫を抑制する効果があり、角膜と結膜を乾燥から防ぐことができます。時間がたつと乾いてしまうので、1日1~2回程度、定期的に投与してあげましょう。

涙促進薬は涙の分泌を人工的に増やす薬です。投与することで、一時的に涙が流れ、角膜を潤すことができます。

症状が重く、これらの薬が効かない場合は手術が必要になります。手術方法は主に耳の下にある耳下腺と呼ばれる分泌器官を結膜に移植するというというものです。唾液と涙液は成分が違うため、違和感を感じて嫌がるペットもいます。その為、手術後も軟膏や点眼薬による補助的な治療が必要になってきます。

【予防】ドライアイの予防法

遺伝的要因や老化が原因で発症するドライアイは、残念ながら避けることのできない病気と考えられます。しかし早期治療をすることで症状を改善させ、視力を保つことは可能です。愛犬・愛猫がドライアイになってしまったら、飼い主が定期的に点眼薬を投与し、病院で受診するようにしましょう。

 

おすすめ商品

ビジオケア3.5g

ビジオケア3.5g

ビジオケア(ヴィジョケア)はオプティミューンのジェネリック医薬品(後発医薬品)です。乾燥性角結膜炎の初期の段階で使用出来るほど期待できる軟膏タイプのお薬です。

人間だけじゃない!犬・猫にも発症するドライアイの原因!?

『人間だけじゃない!犬・猫にも発症するドライアイの原因!?』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

ペットニュースカテゴリの一覧

キーワード・タグの一覧

閉じる