失明にいたる目の病気・進行性網膜萎縮症・・・愛犬へのケアはどうすべきか?

失明にいたる目の病気・進行性網膜萎縮症・・・愛犬へのケアはどうすべきか?

進行性網膜萎縮症は、遺伝性の目の病気です。網膜が委縮して正常に働かなくなり、徐々に失明に至ります。もしも愛犬が、散歩の際にものにぶつかったり、つまづいたりするようになったら、この病気のサインかもしれません。

 

【症状】初期では夕方や夜間に見えにくくなる

進行性網膜萎縮症の症状は少しずつ進行するので、はじめのうちは気づかないことも少なくありません。初期では夕方や夜間など暗い場所でものが見えにくくなり、ものにぶつかったり、つまづいたり、動きがぎこちなくなります。この時点では明るい場所では問題なく行動していますが、外出や散歩を嫌がるようになります。

進行性の病気であるため、徐々に明るい場所でも見えにくくなっていき、動作が鈍くなったり、壁づたいに歩いたりといった様子が見られ、最終的には失明してしまいます。しかし、症状に痛みがなく、病気の進行がゆっくりなため、犬が見えないことに順応してしまうと飼い主がなかなか気づかないこともあります。また、この病気は白内障を併発したり、緑内障へと悪化する場合もあります。

 

【原因】遺伝性の病気である

進行性網膜萎縮症は遺伝性疾患です。網膜の内側にある光を受容する膜が徐々に委縮し、最終的に視力を失います。この病気になりやすい犬種として、アイリッシュ・セッター、ラブラドール・レトリバー、コリー、シェットランド・シープドッグ、プードル、ダックスフント、シーズー、コッカー・スパニエルなどがあげられています。

また、アビシニアンやペルシャなど、猫にもまれに遺伝によって発症することが確認されています。

 

【治療】遺伝性疾患のため治療法はない

進行性網膜萎縮症は遺伝性の病気であるため、残念ながら確実な治療法はありません。しかしこの病気は痛みをともなわず、また長期間にわたってゆっくり進行するため、見えないことに犬自身が適応しやすいとも言われています。したがって、もしこの病気の診断を受けたら、日常生活の中で少しでもペットの不便や不安を解消してあげられるようにケアすることが大切です。ものにぶつからないよう行動範囲内には余計な物は置かないようにし、トイレやフード、家具などの位置は固定して迷わないようにしてあげましょう。散歩の際はなるべく静かな時間帯・コースを選ぶようにしましょう。

 

【予防】繁殖計画にも注意が必要

遺伝性の病気であるため、進行性網膜萎縮症の予防法はありません。かかりやすい犬種であれば、早期発見のためにも定期的な健康診断を受けるようにしましょう。また、進行性網膜萎縮症の素因があるのであれば、病気の遺伝子を次の世代に引き継がないために繁殖計画を徹底する必要があります。新しく犬を迎える際には、信頼できるブリーダー選びからしっかりチェックし、遺伝病を持つ犬を増やさないようにすることも大切です。

失明にいたる目の病気・進行性網膜萎縮症・・・愛犬へのケアはどうすべきか?

『失明にいたる目の病気・進行性網膜萎縮症・・・愛犬へのケアはどうすべきか?』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

ペットニュースカテゴリの一覧

キーワード・タグの一覧

閉じる