皮膚疾患はペットが一番多くかかる病気!健康な皮膚のために心がけることとは?

皮膚疾患はペットが一番多くかかる病気!健康な皮膚のために心がけることとは?

犬や猫などのペットに多い病気のひとつが皮膚疾患です。ペットの皮膚は人間の皮膚より薄くて傷つきやすく、また厚い被毛に覆われているため、汚れや細菌が付着して不衛生になると皮膚の病気になりやすい傾向があります。

 

【症状】皮膚病になるとあらわれる症状

皮膚疾患には主に次のような症状がみられます。

・かゆみ

・脱毛

・体臭

・皮膚の赤みや発疹

・体がべとついたり脂っぽくなる

・フケが出る

・患部をしきりに舐めたり咬んだりする

・毛づやが悪くなる

症状がひどくなるとかゆみのために十分な睡眠時間が取れず、免疫力が落ちて衰弱してしまうこともあります。重症化する前に治療を行うことが大切です。

 

【原因】いろいろな皮膚疾患の原因と症状

動物の皮膚は、細菌や刺激などから体を守ったり、体温を調節したり、水分を保ったりといったバリア機能のようなはたらきをしています。しかし、何らかの原因によってバリア機能が低下すると細菌が侵入して増殖しやすくなったり、水分が不足して皮膚が荒れやすくなるなどいろいろな弊害が起こります。皮膚疾患が起こる原因はさまざまで、引き起こされる症状も多岐にわたります。

(1)膿皮症

栄養の偏りや加齢、外傷などにより皮膚の抵抗力が低下し、ブドウ球菌などが増加して強いかゆみを引き起こす急性湿性皮膚炎。膿が出ることもあり、外耳炎や指の間にできることが多い。

(2)脂漏症

皮膚が脂っぽく体臭が出る脂性と、乾燥してフケが増える乾性がある。遺伝的要素やホルモン分泌異常が原因と考えられている。

(3)食物アレルギー

特定の食べ物が原因で起こる。かゆみ、炎症、フケなどの皮膚症状のほか、下痢や嘔吐などの消化器症状もみられる。

(4)疥癬

ヒセンダニによる皮膚炎。強いかゆみと脱毛の症状がみられる。

(5)ノミアレルギー皮膚炎

ノミの唾液がアレルゲンとなり引き起こされる。激しいかゆみをともない、発疹やかさぶたができる。

(6)内分泌性皮膚炎

副腎皮質ホルモン・甲状腺ホルモンなどホルモンの分泌異常によって起こる。脱毛がみられるが、かゆみがないことも多い。

(8)接触性皮膚炎

洗剤や殺虫剤、特定の植物など生活環境の中のアレルゲンと直接接触することで起きる皮膚炎。接触した部位に炎症、かゆみ、湿疹などの症状があわられる。

(9)心身性の皮膚炎

環境の変化など、ペットにとってストレスとなる問題が原因で起こる。患部をしきりに舐める様子がみられる。

 

【治療】症状に合わせた治療法

一般的に皮膚疾患の治療では、症状に合わせて抗生物質、抗菌剤、駆虫剤の投与などを行います。それと同時に、かゆみを抑える外用薬を塗布したり、薬用シャンプーを使用したり、皮膚細胞の健康をサポートする食事療法食を与えたりといったケアも必要です。疾患によっては完治まで長期間の治療を要する場合もありますので、根気よく治療を続けていきましょう。

★皮膚薬一覧はこちらから

【予防】定期的なケアで皮膚を清潔に保つ

ペットの皮膚疾患を予防するには、衛生管理を徹底することが第一です。飼育環境の清掃はもちろん、長毛種であれば定期的にトリミングをしてあげましょう。ふだんからブラッシングやシャンプーをしてあげていれば、被毛や皮膚を清潔に保つと当時に異変をいち早くチェックできるという効果もあります。また定期的にノミ・ダニ駆除薬を投与してノミ・ダニを予防し、皮膚疾患のある他の動物とは接触を避けるようにしましょう。栄養バランスの取れた質のいい食事を与えることや、ペットに心理的ストレスをかけないような環境を作ってあげることも、皮膚の健康を守ることにつながります。

おすすめ商品

ミコティックスシャンプー250ml

ミコティックスシャンプー250ml

ミコティックスシャンプーはマラセブシャンプーのジェネリック医薬品(後発医薬品)です。
犬や猫、馬用のマラセチア皮膚炎治療に使われており、真菌性が高く、細菌、白癬、皮膚感染症を防ぎます。

ヴェトヘックス

ヴェトヘックス

ヴェトヘックスは、クロルヘキジンの効果を利用して、バクテリア・真菌・白癬・酵母を原因とする皮膚炎の治療に使われるシャンプー型の薬です。
犬と猫に使用でき、消毒剤、抗真菌、抗菌の作用があります。

アイチュミューンC 100mg 30ソフトカプセル

アイチュミューンC 100mg 30ソフトカプセル

アイチュミューンCはアトピカのジェネリック医薬品(後発医薬品)です。
本製品アイチュミューンCはアトピー性皮膚炎で悩まれている犬の治療に用いられる免疫抑制剤です。

皮膚疾患はペットが一番多くかかる病気!健康な皮膚のために心がけることとは?

『皮膚疾患はペットが一番多くかかる病気!健康な皮膚のために心がけることとは?』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

ペットニュースカテゴリの一覧

キーワード・タグの一覧

閉じる