歩き方がぎこちない?超大型犬が発症しやすい離断性骨軟骨炎の症状とは?

歩き方がぎこちない?超大型犬が発症しやすい離断性骨軟骨炎の症状とは?

離断性骨軟骨炎は、成長期の犬にみられることのある関節内の軟骨の病気です。主に肩関節に発症しますが、ひじやひざ、かかとにみられることもあります。超大型犬によく発症することが知られていて、外傷が原因のものと、遺伝性要因のものとがあります。

 

【症状】痛みによる歩行障害

離断性骨軟骨炎を発症すると、跛行(はこう)と呼ばれる痛みや機能障害による歩行障害の症状があらわれ、運動を行うとさらに悪化します。肩を触ると痛がるような様子を見せ、また関節を伸ばしたり曲げたりする際にひっかかりや骨がこすれるような音が聞こえることもあります。両足に症状が出ることが多いですが、片方だけに発症する場合もあります。

 

【原因】成長期の軟骨部分に発生する

成長期に多く発症する病気で、関節内の軟骨部分の骨化が正常に進まないことから起こります。主な発生個所は肩関節で、肩の関節の骨に傷ができてそれが剥がれるときの痛み、そして剥がれた骨の欠片が関節内を漂っているための痛みが原因とみられます。とくに体が大きくなる雄犬に多いことから、急激に体が成長することによって離断性骨軟骨炎が発生していると考えられています。

大型犬、なかでもグレート・デンやグレート・ピレニーズなどの超大型犬によく発症しますが、まれに小型犬や中型犬でも発症することがあります。

 

【治療】内科的治療と外科的治療

症状が軽度の場合は、抗炎症剤や鎮痛剤を投与する内科的治療とともに、絶対安静の処置を行います。関節の痛みが治まるまでゲージなどの中に入れて運動を控え、立ったり座ったりの動作を極力減らします。

ケースによっては内科的治療でも治癒することがありますが、外科手術を行うほうが確実に治ります。手術では、関節内にある関節ねずみと呼ばれる骨の欠片を取り除き、剥がれた間接面をなだらかに削って整えます。手術後は鎮痛剤を服用して安静にしますが、早ければ数日で痛みも取れて歩けるようになります。

症状の程度によってどのような治療法を選択するか、病院で相談して決定することになるでしょう。

 

【予防】超大型犬を飼育する際に注意すること

この病気の発症頻度が高いといわれる超大型犬を飼育する場合には、成長の速度に注意して栄養を与えすぎないことも大切です。低カロリー・低カルシウムの食事で成長速度をゆっくりにさせ、必要以上の量の食事を与えないように気を配りましょう。また、階段を踏み外したり高い場所から飛び降りたりする際の外傷も原因となるので、安全管理を怠らないことも大切です。

おすすめ商品

カロダイルチュアブル75mg 60錠

カロダイルチュアブル75mg 60錠

カロダイル(カロディル)はリマダイルのジェネリック医薬品(後発医薬品)です。
本製品カロダイル(カロディル)は犬用の痛み止めで、主に変形関節症(骨関節症)などの関節の病気や形成手術後による痛みを和らげる目的で使用されます。

リマダイルチュアブル25mg 60錠

リマダイルチュアブル25mg 60錠

リマダイルチュアブルは犬の関節炎の炎症と痛みの緩和に優れた消炎鎮痛剤です。
有効成分のカルプロフェンが、生体の恒常性維持に重要な役割を持つ酵素(COX-1)への影響を留めつつ、炎症を促進する酵素(COX-2)の代謝を阻害し、緩和として関節の痛みを和らげる効果も期待できます。

歩き方がぎこちない?超大型犬が発症しやすい離断性骨軟骨炎の症状とは?

『歩き方がぎこちない?超大型犬が発症しやすい離断性骨軟骨炎の症状とは?』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

ペットニュースカテゴリの一覧

キーワード・タグの一覧

閉じる