食べ物や飲み物を摂取しても鼻から全部出てきてしまう?口蓋裂の治療法と予防法

食べ物や飲み物を摂取しても鼻から全部出てきてしまう?口蓋裂の治療法と予防法

口蓋(こうがい)とは、口膣と鼻膣を分離している隔壁部分のことです。口蓋裂(こうがいれつ)とは、口膣と鼻膣がつながり左右に分かれたままになり、穴があいている状態のことをいいます。口蓋が裂け、口膣と鼻膣がつながっているため、生後間もない子犬は哺乳しても上手に飲めず、放置した場合衰弱死することもあります。

【症状】口蓋裂の症状

口蓋が裂け、口膣と鼻膣がつながっているため、生後間もない子犬は哺乳しても、ミルクが鼻から出てきてしまい(口から鼻へ抜ける)、上手に飲めません。ミルクが気管から肺に流れ込んで誤嚥(ごえん)を起こし、咳や呼吸困難、肺炎などの症状が見られ、死に至る場合もあります。先天性の場合、口をあけたときに上あごがぱかっと裂けている状態であるため、ご飯を食べた後、鼻水がでたり、くしゃみ、咳、食欲にムラがあったり、ご飯がうまく食べられないなどの症状が現れます。

【原因】口蓋裂の原因

口蓋裂の原因は先天性のものと、後天性のものがあります。先天性のものとしては、母犬のお腹にいた時の栄養障害、ステロイドなどの投与やさまざまなウイルスなどの原因によって発症する確率が高いです。また単なる遺伝的要因であることもあります。後天的なものとしては、歯周病が悪化して裂けてしまう場合や、交通事故、落下事故、感電など事故が原因で発症する場合などがあります。
好発犬種犬種は、『アメリカンコッカースパニエル』、『シーズー』、『ジャーマンシェパード』、『ダックスフンド』、『チワワ』、『パグ』、『ビーグル』、『ブルドッグ』などです。

【治療】口蓋裂の治療

この病気は、若ければ若いほど治りが早いといわれ、生後3カ月ごろに、胸部X線検査で肺疾患が認められなければ、外科的に裂けている口蓋を整復する手術を行います。外科治療が終了するまでは、経胃カテーテルなどを用いてミルクや栄養食などを投与することで、誤嚥性肺炎を防ぐよう管理します。子犬には人の手からミルクを哺乳瓶やチューブであげることになります。
しかし、亀裂が長いと手術することができません。また、二次的に鼻炎を起こす場合もあります。検査は症状確認後、ルーチン検査、口の中の検査、X線検査を行います。

【予防】口蓋裂の予防

先天的なものは、予防が難しいです。しかし肺炎等の予防のため、早期発見、早期治療が重要です。後天的なものとしては、散歩中の交通事故、落下事故、感電を防ぐことが必要です。飼い主は散歩するときに周りを十分注意して散歩しましょう。

食べ物や飲み物を摂取しても鼻から全部出てきてしまう?口蓋裂の治療法と予防法

『食べ物や飲み物を摂取しても鼻から全部出てきてしまう?口蓋裂の治療法と予防法』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

ペットニュースカテゴリの一覧

キーワード・タグの一覧

閉じる