【症状】下痢をする

【症状】下痢をする

便の状態は犬の体調をよくあらわしていて、見た目でもわかりやすい症状のひとつです。下痢を引き起こす原因はさまざまですが、とくにはげしい下痢は命にかかわる病気のサインである可能性も少なくありません。子犬や高齢犬、免疫力が低下している犬などは病態が急変することもありますので、異変があればすみやかに受診するようにしましょう。

 

【症状】はげしい下痢をくりかえす

血便が出る、おう吐をともなう、急激にやせる、おなかを痛がる

考えられる主な病気(病名をクリックすると詳細に飛べます。)

パルボウイルス感染症

コロナウイルス感染症

ジステンパー

出血性胃腸炎

膵炎

大腸炎

・消化管内の寄生虫(回虫症鞭虫症コクシジウム症など)

中毒

→大至急病院へ!

 

【症状】下痢ややわらかい便が慢性的につづく

一部に血が混じる、やせる、便に虫がいる

考えられる主な病気(病名をクリックすると詳細に飛べます。)

大腸炎

膵炎

膵外分泌不全

消化器の腫瘍

・消化管内の寄生虫(条虫症、ジアルジア症など)

腸閉塞

→早く病院へ!

 

【症状】1~2回下痢をした

元気で食欲もある場合

考えられる主な病気(病名をクリックすると詳細に飛べます。)

・食事の変化

・食べ過ぎ

・脂肪分の多い食事

→問題点を改善して様子を見ましょう

 

下痢をともなう病気の要因はさまざまですが、寄生虫やウイルス、細菌などの感染や、消化器系の疾患であるケースも少なくありません。ふだんから愛犬の排便の様子をよく観察しておくと、下痢の症状が一過性のものか、病気によるものか判断するたすけになります。

しかしながら、下痢の中には進行が早く、子犬や高齢犬、免疫力が低下している犬などは命にかかわる場合があることも知っておかなければなりません。下痢の症状が激しい、血便が混じる、おう吐をともなう、おなかを痛がるしぐさが見られるなどの場合は、早急に動物病院を受診するようにしましょう。

病院を受診する際には、愛犬の全身状態、便の様子、食べた物などをチェックして伝えられるようにしておくと、診断や治療をする際に有効な手がかりとなります。

【症状】下痢をする

『【症状】下痢をする』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

ペットニュースカテゴリの一覧

キーワード・タグの一覧

閉じる