【症状】食べる量、回数が増える 

【症状】食べる量、回数が増える 

愛犬の食べる量が急に増えた・・・そんなことはありませんか?万病の元である肥満を防ぐためにも食事管理は大切ですが、ときには病気が原因で食欲が増して食べる量が多くなるというケースもあります。食事量の増加と関係があるのはどんな病気か知っておきましょう。

 

【症状】食べる量が増えたのにやせる

考えられる主な病気(病名をクリックすると詳細に飛べます。)

膵外分泌不全

・消化管内の寄生虫

→早く病院へ!

 

【症状】水を飲む量も増える、おなかが張っている

考えられる主な病気(病名をクリックすると詳細に飛べます。)

糖尿病

副腎皮質機能亢進症

→早く病院へ!

 

【症状】食べる量が増えて体重が増加する、または体重に変化がない

考えられる主な病気

・好物のあたえすぎ

・薬の影響

・ストレス

→問題点を改善して様子を見ましょう

・成長期

・妊娠中

・運動量が豊富

→様子を見ましょう

 

愛犬が食欲旺盛にご飯を食べていると、飼い主としては健康そうにみえて安心してしまいがちです。犬の食欲が、成長期や妊娠中、もしくはは寒い時期に脂肪を蓄えようとして旺盛になるのは自然なことです。しかし、こういったケース以外で食べる量や回数が増えるのは、病気が原因である場合もあります。

消化管内に寄生虫が寄生していたり、糖尿病や膵外分泌不全などで食べたものが効率よくエネルギーに還元されていないと満腹感が得られず、食べ過ぎてしまう傾向にあります。また、副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)などによりホルモンバランスが崩れている場合には、食べる量が増えるとともに飲水量も増えていきます。

これらに加えて、病気が原因ではなくストレスや好物のあたえすぎで食べる量が増えてしまう場合もあります。こういった場合は、飼育環境や食事管理についてもう一度見直す必要があります。

【症状】食べる量、回数が増える 

『【症状】食べる量、回数が増える 』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

ペットニュースカテゴリの一覧

キーワード・タグの一覧

閉じる