【症状】熱がある 

【症状】熱がある 

犬は人間に比べて平熱が37.5~39度ともともと高いうえに、興奮したり運動するなど活動的になればすぐに上がります。しかし、40度を超すようになると様子を見なければなりません。それにくわえて、犬が発熱したらほかにどんな症状があるかも注意深く観察する必要があります。41度を超す高熱になると、ショック症状を起こしかねない非常に危険な状態であるといえます。

 

【症状】異常な高熱(41度以上)

→すぐに体を冷やし大至急病院へ!

 

【症状】熱のほかに重い症状をともなう

けいれんや意識障害を起こしている、呼吸がおかしい、ぐったりしている

考えられる主な病気(病名をクリックすると詳細に飛べます。)

熱中症

・感染症(ジステンパーケンネルコフなど)

・呼吸器の病気(気管支炎肺炎など)

・消火器の病気(膵炎急性肝炎など)

子宮蓄膿症

中毒

腫瘍

内耳炎

中耳炎

関節炎

自己免疫による皮膚病

→大至急病院へ!

 

【症状】微熱がある

元気や食欲がない、下痢やおう吐をともなう

考えられる主な病気(病名をクリックすると詳細に飛べます。)

熱中症

・感染症(ジステンパーケンネルコフなど)

・呼吸器の病気(気管支炎肺炎など)

・消火器の病気(膵炎急性肝炎など)

子宮蓄膿症

中毒

腫瘍

内耳炎

中耳炎

関節炎

自己免疫による皮膚病

→早く病院へ!

 

【症状】一時的な発熱

運動中、興奮している

→様子を見ましょう

 

犬の発熱にはさまざまな原因が考えられるので、そのほかの症状を手がかりに原因を見つけることが重要になります。熱以外に、食欲や排便の状態、呼吸の様子などをよく観察しましょう。

けいれんや呼吸の乱れ、元気がないなどの症状では感染症や肺炎が考えられ、暑い時期であれば熱中症の可能性もあります。どちらにしても、すみやかに病院へ行く必要があるでしょう。食欲の低下、下痢や嘔吐などを伴うケースでは、中毒症状、関節炎、腫瘍のほか、耳の疾患や皮膚病を疑います。いつから発熱したか、急に熱が出たのかなども併せてチェックするようにしましょう。

夏場に熱中症になったときは、早く体温を下げる必要がありますので、水を浴びせたり冷水につけたりして熱を下げます。そのほかの病気が原因と思われる高熱では、冷水につけると症状が悪化する場合もあるため、首まわりやわきの部分につめたいタオルなどをあてて冷やします。いづれの場合も、応急処置をしながら早急に病院へ連れていく必要があります。

【症状】熱がある 

『【症状】熱がある 』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

ペットニュースカテゴリの一覧

キーワード・タグの一覧

閉じる