【症状】目がおかしい 

【症状】目がおかしい 

目の症状は、かゆみ、目やに、痛み、にごりなど多岐にわたり、その原因にもさまざまな病気が考えられます。脳や神経などの病気が目の症状となってあらわれることもあり、放置しておくと視力の低下や失明にもつながりかねません。また、目は細菌にも感染しやすいため、少しでも異変に気づいたら早めに受診するようにしましょう。

 

【症状】目の異常のほかにけいれん発作などの症状がある、眼球が絶え間なく震える、瞳孔が開いたままになる、左右対称でない

考えられる主な病気(病名をクリックすると詳細に飛べます。)

緑内障

前庭障害

・脳や神経の障害

→大至急病院へ!

 

【症状】目をひどく痛がる(しきりにまばたきをする、目を細める)、目が見えていない

考えられる主な病気(病名をクリックすると詳細に飛べます。)

白内障

角膜炎

ブドウ膜炎

網膜剥離

緑内障

・目のケガ、異物

→大至急病院へ!

 

【症状】目が前に飛び出ている

考えられる主な病気(病名をクリックすると詳細に飛べます。)

緑内障

眼球の脱出

→大至急病院へ!

 

【症状】レンズが白くにごっている

考えられる主な病気(病名をクリックすると詳細に飛べます。)

白内障

糖尿病

→早く病院へ!

 

【症状】どろどろした目やにが多量に出る、目が赤くなる、涙が多く出る、目にかゆみや痛みがある(目をこすりつける)

考えられる主な病気(病名をクリックすると詳細に飛べます。)

結膜炎

角膜炎

ブドウ膜炎

眼瞼内反、外反

まつ毛の異常

流涙症

チェリーアイ

ジステンパー

・アレルギー

→早く病院へ!

 

【症状】さらさらの目やにが少し出る

→様子を見ましょう

 

犬の病気の中でも、目の病気はとくによく見られます。犬と対面したときに、目は一番最初に見える部分ですので、目やにや涙の量、目の色など、どのような症状があらわれているのかよく観察しましょう。

目にあらわれる症状はさまざまですが、かゆみがある場合はアレルギーや結膜炎であることが多いとされます。かゆみを通り越して痛みを感じるようになると、犬はしきりにまばたきをしたりまぶしそうに目を細めたりしますが、そのようなしぐさが見られるときは角膜炎やブドウ膜炎、緑内障を疑います。目のレンズの部分が白くにごっているときは、白内障や糖尿病の可能性があります。放置すると視力障害にもつながりますので注意が必要です。

そのほかにも、眼球が絶え間なく動いていたり、瞳孔が開いたままになっているなどの症状がみられる場合は、脳や神経の病気との関連が考えられます。これらの異常に気づいたら、すぐに病院で診察を受けましょう。

かゆみなどの症状があると、足で目をこすったりどこかへこすりつけたりして、さらに悪化してしまうことがあります。そうなる前に早期治療を行うことが大切です。

【症状】目がおかしい 

『【症状】目がおかしい 』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

ペットニュースカテゴリの一覧

キーワード・タグの一覧

閉じる