【症状】発育が遅れている 

【症状】発育が遅れている 

食事の内容がかたよりすぎていたり、環境が悪かったりするケースを除いて、標準的な体格よりも明らかに劣っている場合は病気が原因であると考えられます。病院で検査・治療するなど適切な対応が必要です。

 

【症状】大きくならない、歩き方がおかしい、ふらつく、うまく立てない

考えられる主な病気(病名をクリックすると詳細に飛べます。)

動脈管開存症

肺動脈弁狭窄症

心室中隔欠損症

→早く病院へ!

 

【症状】元気がなく反応が鈍い、下痢やおう吐をする

考えられる主な病気(病名をクリックすると詳細に飛べます。)

・寄生虫(回虫症、条虫症、ジアルジア症など)

→早く病院へ!

 

【症状】呼吸がおかしい

考えられる主な病気(病名をクリックすると詳細に飛べます。)

軟口蓋過長症

気管虚脱

気管支炎

ジステンパー

ケンネルコフ

→早く病院へ!

 

もし愛犬が順調に発育することができずに非常に小柄なままの場合、飼い主としてはとても心配になると思います。犬が正常に成長しない原因としては、胃腸などにダメージを与える寄生虫やウイルスの感染が知られています。また心臓病などの先天的異常も、発育不全に影響を及ぼすことがあります。

発育が遅いことのほかに、外の刺激に対して反応が鈍かったり、呼吸がおかしいなどの症状があわられることもあります。明らかに正常に成長していないことが気になったら、早めに動物病院で相談し、適切な検査・治療を受けることをおすすめします。

【症状】発育が遅れている 

『【症状】発育が遅れている 』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

ペットニュースカテゴリの一覧

キーワード・タグの一覧

閉じる