しきりに耳をかくしぐさ・・・それはもしかして耳ダニ感染症かも?

しきりに耳をかくしぐさ・・・それはもしかして耳ダニ感染症かも?

愛犬が耳を痒がったり、耳の内側が赤くなったりしていませんか?そんな時はもしかしたら、耳ダニが寄生しているのかもしれません。耳ダニ感染症は、ミミヒセンダニが寄生して発症する病気です。感染力が強く、激しいかゆみを伴い治療にも時間がかかる耳ダニ感染症。できるだけ未然に感染を防いであげたいものです。

 

【症状】激しいかゆみを伴う

耳ダニ感染症にかかると、黒褐色でワックス状の耳垢がたまるようになります。ひどいかゆみを伴うので、しきりに耳を掻いたり、頭を振ったり、壁や床に耳をこすりつけたりします。このため強く掻きすぎて耳の周辺が傷つき、耳血腫を起こすこともあります。放置すると外耳炎や中耳炎の原因にもなり、症状が重度化すると耳の周囲や首まで感染が広がるケースもあります。

 

【原因】ヒセンダニの寄生

耳ダニ感染症は、耳の中に体長0.2~0.5mmくらいの耳ダニ(ヒセンダニ)が寄生することで起こります。耳ダニ感染症を患っている他の動物と接触することで感染し、耳ダニは耳の中で成長して卵を産みさらに繁殖を続けます。耳ダニの卵は耳垢の中にも存在し、その耳垢が周囲に落ちることによってまた別の動物へと感染していきます。

 

【治療】耳の洗浄とダニの駆除

まず、耳の中を洗浄して耳垢を除去するとともに、耳ダニに対しては駆除薬を投与します。駆除薬は卵には効果がないため、卵が孵化するまで約3週間は投薬を続ける必要があります。また、細菌などによる二次感染が起きていたり、炎症がひどい場合には、抗生物質や抗炎症剤を用いてそれらの症状に対する治療も行っていきます。

こうした治療に加えて、ペットの飼育環境を清掃してダニや卵などを一掃することも必要です。カーペットや床をきれいに掃除し、犬のベッドやタオルなどは洗濯・消毒しましょう。もし多頭飼いしている場合には、他のペットにも感染していないか念のため病院を受診しましょう。

 

【予防】耳ダニに感染している動物との接触を避ける

何よりもまず、耳ダニ感染症にすでにかかっている犬や猫など他の動物との接触を避けることが一番です。また、飼い主が外からダニや卵を持ち帰ってしまうケースもあります。外で他の動物と触れ合ったら、帰宅後は手洗いをしっかりして卵などを家に入れないように気を配りましょう。

 

 

おすすめ商品

トロイイヤードロップス20ml

トロイイヤードロップス20ml

トロイイヤードロップスは耳ダニ治療、かゆみ緩和、耳にある傷からの感染を防ぐペットのための点耳薬です。耳ダニに感染してしまった後にも効果のある薬ですので万が一に備えとして購入される方も多い薬です。

アドボケート 小型犬用(4kg未満)

アドボケート 小型犬用(4kg未満)

マダ二・条虫を除く寄生するほぼ全ての寄生虫に効果的なオールインワンの予防・駆除薬です。
モキシデクチンが問題となるほとんどの線虫類(フィラリア感染幼虫・回虫・鉤虫)に対して高い駆除効果を発揮するので、フィラリア予防や耳ダニ・ニキビダニヒゼンダニの予防と駆除に効果的です。

エピオティック237ml

エピオティック237ml

犬や猫の耳の感染症による炎症を抑えます。皮膚刺激を生じることなく殺菌作用を発揮し、またほかの薬との相互作用が少ないことから、獣医師によって最もよく処方される耳洗浄消毒液となっています。
定期的に用いれば、耳の感染の予防にもなります。

しきりに耳をかくしぐさ・・・それはもしかして耳ダニ感染症かも?

『しきりに耳をかくしぐさ・・・それはもしかして耳ダニ感染症かも?』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

ペットニュースカテゴリの一覧

キーワード・タグの一覧

閉じる