靭帯を切ってしまうと動けなくなる前十字靱帯断裂とは??

靭帯を切ってしまうと動けなくなる前十字靱帯断裂とは??

前十字靱帯断裂とは、膝関節を構成する『大腿骨』(太ももにある骨)と『脛骨』(すねにある骨)をつなぐ前十字靭帯が切れてしまう病気です。それぞれの骨の末端は軟骨で覆われており、間には半月板と呼ばれるクッションの役割をするものが挟まっています。前十字靭帯断裂は、犬の膝関節疾患の中でも代表的な疾患のひとつで、小型犬から大型犬にかかわらずあらゆる犬種で発症します。

【症状】前十字靭帯断裂の症状

前十字靭帯断裂は、急性断裂の場合では後足をあげたままの跛行や少しだけ足を地面につけての跛行が見られます。慢性断裂の場合では、足を引きずる跛行や立ったり座ったりの動作がつらそうな様子が見られます。急性断裂であっても、症状が長引くと慢性になり、完全に切れてしまうとその足は体を支えることができなくなってしまい、膝は正しく曲げ伸ばしをすることができなくなってしまうため、半月板が損傷して強い痛みが生じたりします。また通常とは異なる方向に力が加わる為、関節が変形してくることがあります。

【原因】前十字靭帯断裂の原因

激しい運動や事故などによって急激な圧力が加わることが前十字靭帯断裂の原因になります。太っていて常に膝関節に負担がかかっている場合や、高齢で靭帯が弱くなっている場合に、少しジャンプしたり走ったりしただけで切れてしまうこともあります。フリスビーなど激しいダッシュやターンを繰り返している時に発症します。前十字靭帯は、後十字靭帯を比べると、前十字靭帯のほうが細いため、もし膝に負担がかかるとまず前十字靭帯が先に切れます。また、『ダックスフンド』、『ゴールデンレトリーバー』、『ラブラドールレトリーバー』、『ロットワイラー』などが好発犬種として考えられています。

【治療】前十字靭帯断裂の治療

前十字靭帯断裂の治療には、外科療法と保存療法があります。保存療法では、安静するなどして膝関節の炎症を治まるのを待ちます。外科手術では、関節内固定法、関節外固定法、矯正骨切り術、人工物を用いた切れた靱帯の代わりに、関節の動きを安定化するため、靱帯の再建手術などが行われます。

【予防】前十字靭帯断裂の予防

日頃から激しい運動は避け、食事管理をしっかり行い肥満にならないようにしましょう。フローリングなどの硬くてすべりやすい床は、膝への負担がかかりやすいので、室内飼育する場合は、じゅうたんやマットなどを敷くなど環境を整えてあげるようにしましょう。

おすすめ商品

カロダイルチュアブル100mg 60錠

カロダイルチュアブル100mg 60錠

カロダイル(カロディル)はリマダイルのジェネリック医薬品(後発医薬品)です。
犬用の痛み止めで、主に変形関節症(骨関節症)などの関節の病気や形成手術後による痛みを和らげる目的で使用されます。
また軟組織や形成手術後の痛みにコントロールにも使用できます。

リマダイル チュアブル100mg 60錠

リマダイル チュアブル100mg 60錠

リマダイルチュアブルは犬の関節炎の炎症と痛みの緩和に優れた消炎鎮痛剤です。
カルプロフェンは非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSDAID’s)に分類され、同じ炎症を抑えるお薬の副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)と比べて遥かに副作用が少ないため、長期投与が可能だといわれています。

靭帯を切ってしまうと動けなくなる前十字靱帯断裂とは??

『靭帯を切ってしまうと動けなくなる前十字靱帯断裂とは??』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

ペットニュースカテゴリの一覧

キーワード・タグの一覧

閉じる