遺伝からしか発症しない進行性網膜萎縮症とは??

遺伝からしか発症しない進行性網膜萎縮症とは??

進行性網膜萎縮は、光を感知する網膜が萎縮して正常に働かなくなる遺伝性の病気です。この病気は進行性で、初期は夜に目が見えづらくなる程度ですが、しだいに日中でも見えなくなって、やがて失明してしまいます。症状が軽い場合は、外見にも変化がないため気が付きにくいです。そのため、発見した時には手遅れで、すでに失明していることもります。突然疾患したり、中高齢で発症することが多いです。もちろん、進行状況も種類によって異なりますし、遺伝性のため治療方法はありません。

【症状】進行性網膜萎縮症の症状

進行性網膜萎縮症は、視力がだんだん低下していき、最終的に目が見なくなる病気です。そのため、夜間や暗いところでは物が見えにくくなり、夕暮れや夜間の散歩時に不安そうな様子をしたり物につまずいたり、溝に落ちたりといったことが見られ、暗い時の外出を嫌がります。最終的には明るいところや昼間でも目が見えなくなり、活動性が低下したり、動作が緩慢になり、壁伝いに歩いたりするようになり、階段の上り下りもぎこちなくなります。見知らぬ場所では、この行動が顕著になって現れます。また二次的に白内障を併発することもあります。軽度の場合、症状があまり見られないのが難点で、犬種や進行性網膜萎縮の種類によって進行の速さや発症の時期は異なります。

【原因】進行性網膜萎縮症の原因

進行性網膜萎縮症は、網膜の光を受容する部分に異常が生じて起こりますが、この異常も遺伝によって起こるため、原因は遺伝によると言いきれます。進行性網膜萎縮症の好発犬種は、『ラブラドールレトリーバー』『アイリッシュセッター』、『コリー』、『シェルティ(シェットランドシープドッグ)』、『ミニチュアプードル』など数十犬の犬が明らかになっています。

【治療】進行性網膜萎縮症の治療

進行性網膜萎縮には確かな治療法がありません。ただ幸いなことに、この病気は痛みをともなわず、数ヶ月から数年の間に徐々に進行するため、目が見えない状況に自然に適応していくことができます。そのため目が見えない状態でも、それまでに適応できたことで、普段の生活に特別な支障が出たりすることは少ないです。犬は人間ほど視覚に頼って生活をしていないので、目が見えなくなれば鼻と耳がより利くようになります。

【予防】進行性網膜萎縮症の予防

進行性網膜萎縮は遺伝性の病気であるため、予防することはできません。ですので、家具や小道具などの置く場所を決め、それらが動かないように固定したりしましょう。また、頻繁に家具の位置変更をしたりするのは、犬へのストレスになったり、感覚だけで状況を判断する犬にとっては大変なので控えましょう。

遺伝からしか発症しない進行性網膜萎縮症とは??

『遺伝からしか発症しない進行性網膜萎縮症とは??』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

ペットニュースカテゴリの一覧

キーワード・タグの一覧

閉じる