関節が痺れるリウマチ性関節炎とは??

関節が痺れるリウマチ性関節炎とは??

リウマチ性関節炎とは、関節炎の一種で体内の免疫機能の異常が原因で起こる病気です。別名、『免疫介在性疾患(めんえきかいざいせいしっかん)』、『膠原病(こうげんびょう)』とも呼ばれます。自己免疫が、病気の発症に関わっているとされています。比較的小型犬に良く見られる病気で、発症年齢は様々ですが、中高齢までの犬・猫に多く、老犬や老猫にはあまり見られない病気です。リウマチ性関節炎になると、関節にこわばりや痛み、腫れ、発熱や跛行などの全身症状が見られます。

【症状】リウマチ性関節炎の症状

リウマチ性関節炎の症状は、四肢の末端の関節(手首や足首と中手指関節)に多く症状が見られます。休息から起き上がるとき、立ち上がるのに時間がかかる(関節にこわばりや痛みがでるため)、関節部が腫れあがり、歩行障害が出てきます。リウマチ性関節炎は慢性化するのが一般的で、進行性の病気です。進行していくと、発熱、食欲減退などの症状も出てきます。この病気の特徴である左右対称に腫れが進行するという現象が起きます。また、立ち上がりや動き出しが遅くなり、最終的に歩行自体が出来なくなってしまいます。

【原因】リウマチ性関節炎の原因

体に害がある物質・細菌などを攻撃する免疫システムが、関節を構成する組織である滑膜や軟骨などを誤って攻撃してしまうことが関節リウマチの原因とされています。また、自己免疫などが関与していると考えられています。『シェットランドシープドッグ』、『マルチーズ』、『シーズー』、『プードル』、『ミニチュアダックスフンド』などは若年齢の頃から発症しやすいとされています。

【治療】リウマチ性関節炎の治療

リウマチ性関節炎は進行性の病気なので慢性化してしまうと、完治は困難になります。主に、消炎鎮痛剤や抗リウマチ薬などを投与して痛みを和らげます。肥満によって足腰の負担が大きい場合には、適度な運動と食事管理で、適正な体重まで減量します。そのほかに温浴治療や赤外線、超音波治療なども有効です。

【予防】リウマチ性関節炎の予防

リウマチ性関節炎は進行性の病気なので、いったん発症すれば、根本治療は難しくなります。そのため、早期発見、早期治療を心掛けることが大切です。リウマチ性関節炎になりやすい犬を飼っている場合は、定期的に検査を行い発症していた場合でもすぐに対応できるようにしましょう。また、関節の炎症が初期段階で、跛行を示していなくても発熱により食欲がなかったり、元気がなく散歩に行きたがらないなどの兆候があるので、それらの兆候にか注意しましょう。

おすすめ商品

カロダイルチュアブル25mg 60錠

カロダイルチュアブル25mg 60錠

カロダイル チュアブルはリマダイルのジェネリック医薬品(後発医薬品)です。
カロダイル チュアブルは、非ステロイド系消炎鎮痛剤,犬用経口薬です。無痛覚(症)や慢性炎症、犬の進行性関節病などに有効です。

リマダイルチュアブル25mg 60錠

リマダイルチュアブル25mg 60錠

マダイルチュアブルは犬の関節炎の炎症と痛みの緩和に優れた消炎鎮痛剤です。
カルプロフェンは非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSDAID’s)に分類され、同じ炎症を抑えるお薬の副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)と比べて遥かに副作用が少ないため、長期投与が可能だといわれています。

関節が痺れるリウマチ性関節炎とは??

『関節が痺れるリウマチ性関節炎とは??』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

ペットニュースカテゴリの一覧

キーワード・タグの一覧

閉じる