栄養を吸収出来なくなる吸収不良症候群とは??

栄養を吸収出来なくなる吸収不良症候群とは??

吸収不良症候群(きゅうしゅうふりょうしょうこうぐん)とは、栄養の吸収が正常におこなわれなくなり、栄養障害を起こす病気です。栄養を吸収する場所である小腸の粘膜に障害が起きるために、小腸性の下痢を起こし、栄養不良となってしだいに体重が減少していきます。初期には、食欲が旺盛で元気もあるため、下痢などの症状が出るまで気づかれにくい病気です。この病気は、原発性(げんぱつせい)吸収不良症候群と、続発性(ぞくはつせい)吸収不良症候群の2種類に大きくわけられます。

【症状】吸収不良症候群の症状

吸収不良症候群の症状は、症状がひどくなるまでは元気もあり吸収できない栄養を補おうとするため、かえって食欲が旺盛であったりしますが、栄養素の多くが排出されるため便はいつもと違った状態が続きます。やがて下痢を起こすようになり、体重が減っていきます。便はやわらかく脂肪が多く混じるようになります。消化吸収障害が原因となる場合は、お腹を下したり、腹部の膨満感といった症状が現れます。栄養の欠乏が原因となって引き起こされる場合は、むくみ、口内炎、腹水(ふくすい)、貧血、皮下出血、手足のしびれ、骨軟化症、成長障害、眼症状、末梢神経炎(まっしょうしんけいえん)などの症状がでます。

【原因】吸収不良症候群の原因

原発性吸収不良症候群の原因は、栄養の吸収がおこなわれる過程そのものに障害があり、腸上皮における膜消化が正常におこなわれないために引き起こされます。反対に、続発性吸収不良症候群の場合、腸切除術や炎症、すい臓の病気、胆道の病気が原因で胆汁や膵液の分泌に異常が起こるケースなど、小腸の粘膜に異常がある場合や胃腸炎や腫瘍などによって粘膜が傷ついた場合など、腸リンパ管の拡張症など原因は様々です。また、セリアックススプルーと熱帯性スプルーに分類されています。セリアックススプルーが、小麦蛋白(こむぎたんぱく)のグルテンに対する過敏反応によって生じ、遺伝的要因の関与が推測されているのに対し、熱帯性スプルーは感染症に起因すると考えられています。いずれも欧米に多く、日本では極めてまれな病気です。

【治療】吸収不良症候群の治療

原因となる病気がいろいろなので、もともとなっている病気をつきとめて治療します。食事方法では、高たんぱく、低脂肪、低線維質の食事コントロールをおこなうほか、消化酵素を取り入れる形になります。脱水症状がひどいときは輸液を行います。基礎疾患が原因となっている場合は、優先的に基礎疾患の治療を行います。ただし、劇的な回復が見込める治療方法が確立されていない原因疾患もあります。

【予防】吸収不良症候群の予防

吸収不良症候群の予防は、遺伝的要因や感染症が原因であるため難しいです。また原因であるスプルーは、日本では珍しいのでそこまで発症することはありません。万が一のために備え食事を高たんぱく、体脂肪にしたり、体を清潔にしたりするなどして工夫しましょう。

栄養を吸収出来なくなる吸収不良症候群とは??

『栄養を吸収出来なくなる吸収不良症候群とは??』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

ペットニュースカテゴリの一覧

キーワード・タグの一覧

閉じる