もしも愛犬にダニがついてしまったら・・・ダニの取り方を知っておこう

もしも愛犬にダニがついてしまったら・・・ダニの取り方を知っておこう

犬にダニがついてしまうことはめずらしくありません。散歩や野外活動の際に草むらなどでついてしまう可能性が大きく、寄生すると皮膚炎を引き起こしたり、病原菌や寄生虫を媒介したりと悪影響を及ぼします。ダニがついてしまったらどうすればよいか、取り方や対処法をご紹介します。

 

犬につくマダニは?

犬につくダニの種類には、マダニ・ニキビダニ・ヒセンダニ・ツメダニなどがあります。なかでもマダニは犬につきやすく、バベシア症やライム病などの病原菌を媒介することがあるので注意が必要です。

マダニに噛まれると、口の部分が犬の皮膚に食い込んでしまうため簡単には取れません。無理に取ろうとすると口の部分が皮膚の中に残ってしまい、それが原因で皮膚炎を発症したり、手で取るときにつぶしてしまってマダニの卵が飛び散ったり、菌が犬の体内に入ってしまったりします。こういったことから、マダニを見つけたら動物病院で取り除いてもらうことが一番安全な方法であるといえるのです。

 

自宅でも取れるの?

病院で取ってもらうことが一番ですが、病院が閉まっているときなどどうしても緊急に自宅で取らなければならない場合は、どのような方法があるのでしょうか?

(1)専用ピンセットで取る

ダニ取り専用のピンセットを使って、ダニの口を皮膚ぎりぎりのところで深くつまみ、左右に回転させながら取ります。危険なのでダニを素手で触らないようにしましょう。また、被毛についているダニは目の細かいクシでといて取ることができます。取れたダニは中性洗剤を溶かした容器に入れるか、ガムテープに包んで死滅させます。

(2)酢やアルコールで取る

脱脂綿などに酢やアルコールをしみ込ませて、ダニが窒息しないように包み込み、ダニが自然に離れるのを待つという方法もあります。窒息するとダニの唾液が犬の体内に入り込んでしまい病原菌が感染するおそれがありますので、窒息させないよう気をつけなければなりません。酢やアルコールでダニを取り囲むように当てることがコツです。無理に引きはがさないように注意しましょう。

 

動物病院に連れて行こう

前述のとおり、緊急の場合を除いては病院でダニを取り除いてもらうのが一番安全で確実な方法です。ダニ駆除薬を処方してもらったら有効に使用しましょう。フロントラインはダニの駆除にも予防にも効果を発揮します。首の後ろの皮膚に滴下するタイプの薬で、24時間以内に薬の成分が全身に行きわたり、48時間内にマダニを駆除することができます。フロントラインを使用する際の注意点としては、直接薬を舐めると副作用が発生するおそれがありますので、犬がフロントラインを舐めてしまわないように注意する必要があります。

もしも愛犬にダニがついてしまったら・・・ダニの取り方を知っておこう

『もしも愛犬にダニがついてしまったら・・・ダニの取り方を知っておこう』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

ペットニュースカテゴリの一覧

キーワード・タグの一覧

閉じる