感染力が強く激しいかゆみを引き起こす!耳ダニについて

感染力が強く激しいかゆみを引き起こす!耳ダニについて

耳ダニは感染力が強く、また繁殖能力も高いので、一度感染すると治療するのに長い時間がかかります。また外耳炎の原因にもなることがあり、耳垢がたまりやすい垂れ耳の犬種はとくに注意が必要だといわれています。予防のためにも耳ダニについてよく知っておきましょう。

 

【生態】

耳ダニは体長0.2~0.5mm程度の白色の小さなダニで、犬や猫など動物の耳の中だけに生息します。一度寄生すると、耳道内の組織液や耳垢などを食べて成長し、耳の中に卵を産み付けて繁殖するというライフサイクルをくり返します。繁殖力が強く大量の卵を産みますが、寄生された動物の耳垢の中には卵がたくさん含まれており、周囲に撒き散らされるために生活環境が汚染されます。そのため、とくに多頭飼育をしている場合にはほかの犬や猫にも感染する可能性が非常に高くなります。

 

【症状】

耳ダニの症状は激しいかゆみが特徴です。かゆがって頭を激しく振る、耳を地面にこすりつけるなどのしぐさを見せます。また、分泌物や耳ダニの糞が混ざった黒っぽいカサカサした耳垢が外耳道に大量に溜まります。放置してしまうと外耳炎を引き起こし、耳の周りや首の周辺まで症状が広がります。さらに中耳炎、内耳炎にまで進行することもあります。かゆみがストレスとなって、食欲減少を起こしたり攻撃的になったりするケースもみられます。

 

【駆除法】

耳ダニの駆除と、耳の炎症など症状の治療を同時に行います。まず耳の中を洗浄して、ダニのエサとなる耳垢や分泌物を取り除いて繁殖するのを防ぎます。それらをきれいにせずに殺ダニ薬を投与しても、耳垢などに潜んでいる耳ダニに届きにくいため効果を発揮することができません。その後、ダニの駆除薬を少なくとも3週間ほど一定間隔で投与します。成虫だけを駆除するのではなく、卵がふ化して幼虫が成長するまでの3週間投薬を続けないと、再び耳ダニが繁殖して再発するおそれがあるからです。かゆみのために掻きむしってできた二次的な皮膚炎や、感染性の外耳炎の症状がみられる場合には、抗生物質や抗炎症剤を使用して治療することもあります。

 

【予防】

耳ダニの寄生を防ぐためには、感染している動物との接触を避けることが重要です。もし、耳垢がやけに多かったり、かゆがるしぐさをみせるなど異変が見られたら早めに病院で診察を受けましょう。スポットオンタイプのダニ予防・駆除の薬や、外耳道のケアに使える抗菌作用のあるクリーナーなども予防に有効です。

また、垂れ耳や耳の中に毛が密生している犬種は、耳の中がダニが好む湿った状態になりやすいので、耳のケアには気を配ってあげましょう。シャンプーの後などはしっかり乾かして水分を残さないことが大切です。

ダニ駆除薬はこちらから

おすすめ商品

トロイイヤードロップス20ml

トロイイヤードロップス20ml

トロイイヤードロップスは耳ダニ治療、かゆみ緩和、耳にある傷からの感染を防ぐペットのための点耳薬です。
サラッとした液体タイプの点耳薬です。トロイイヤードロップスは耳ダニに感染してしまった後にも効果のある薬ですので万が一に備えとして購入される方も多い薬です。

アドボケート 小型犬用(4kg未満)

アドボケート 小型犬用(4kg未満)

マダ二・条虫を除く寄生するほぼ全ての寄生虫に効果的なオールインワンの予防・駆除薬です。
モキシデクチンとイミダクロプリドの有効成分が1剤に配合されたスポットタイプの動物用医薬品です。ミミヒゼンダニに直接作用してすばやく駆除効果を発揮します。
スポットオン式なので、肩甲骨の間に滴下するだけで投与が簡単です。

アドボケート 大型猫用(4kg~8kg)

アドボケート 大型猫用(4kg~8kg)

マダ二・条虫を除く寄生するほぼ全ての寄生虫に効果的なオールインワンの予防・駆除薬です。
モキシデクチンとイミダクロプリドの有効成分が1剤に配合されたスポットタイプの動物用医薬品です。ミミヒゼンダニに直接作用してすばやく駆除効果を発揮します。
スポットオン式なので、肩甲骨の間に滴下するだけで投与が簡単です。

感染力が強く激しいかゆみを引き起こす!耳ダニについて

『感染力が強く激しいかゆみを引き起こす!耳ダニについて』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

ペットニュースカテゴリの一覧

キーワード・タグの一覧

閉じる