激しいかゆみを引き起こす疥癬の原因に!ヒゼンダニについて 

激しいかゆみを引き起こす疥癬の原因に!ヒゼンダニについて 

ヒゼンダニは、イヌセンコウヒゼンダニともよばれ、皮膚に寄生すると疥癬(かいせん)という強いかゆみやふけをともなう皮膚病を引き起こします。日常生活での接触によって感染することもあり多頭飼育をしているケースに多くみられ、また疥癬は人にも感染する人畜共通感染症でもあります。

 

【生態】

ヒセンダニ(イヌセンコウヒゼンダニ)の大きさは約0.3mm程度と非常に小さく、肉眼で見つけることは困難です。寄生すると顔や耳のふちなど皮膚の柔らかい部分に侵入してトンネルのような横穴を掘って移動し、体液を吸ったり排泄や産卵をしながら生活します。体内に寄生しているので季節を問わず一年中生息し、ふ化した幼虫はトンネルを移動して皮膚表面で成長します。ヒゼンダニによる発疹などの症状は、ダニが皮膚の角質のなかで穴を掘って生活することによるアレルギー反応です。

 

【症状】

ヒゼンダニの寄生が原因で起こる皮膚病を疥癬(かいせん)といいます。疥癬にかかると、初期段階では柔らかくて毛の少ない部分の皮膚(顔、耳のふち、肘、足の甲など)に、フケや強いかゆみをともなうブツブツとした発疹が出ます。皮膚の表面が丸く盛り上がり、血液や体液が出た部分が乾いてかさぶたになります。犬がやたらとかゆがるので飼い主は気づきやすいでしょう。慢性化すると皮膚が厚くなったり、症状が全身に広がったりします。また、強いかゆみがストレスとなって栄養状態が悪化することもあります。

 

【駆除法】

殺ダニ効果のある抗生物質などの投与、外用薬の塗布、薬用シャンプーや薬浴などで治療を行います。注射治療を行うこともあります。これらと同時に、かゆみを抑える薬や皮膚の回復を促す薬も使用します。卵から成虫まで駆除して再発を防ぐためには、根気よく治療を続けなければなりません。

 

【予防】

予防として最も大切なことは、感染している動物との接触を避けることです。野外活動の際にはタヌキなどの野生動物と接触しないように注意し、多頭飼育の場合にはブラシやタオルなどを共有しないようにして感染が広がらないよう十分注意しましょう。散歩中などはむやみに草むらに入らないように配慮して、室内では飼育環境を衛生的に保つようにすることも大切です。

 

ダニ駆除薬一覧はこちら

おすすめ商品

ペルマイトクリーム

ペルマイトクリーム

ペルマイトクリームは、ヒゼンダニやシラミ・ノミ・ダニに有効なお薬で、疥癬や皮膚病治療に効果があります。

リチャーズオーガニックニームオイル

リチャーズオーガニックニームオイル

リチャーズオーガニックニームオイルは害虫に対する「奇跡の木」として知られてるニームオイルという有効成分が含まれており、農薬、化学薬品等が一切入っていない、100%天然のため身体に優しい製品となっております。コンディショナーと混ぜて使用できるので、匂いを気にすることなく全身をカビや昆虫から守ります。
また真菌感染・白癬・湿疹の治療補助にご利用いただけます。

激しいかゆみを引き起こす疥癬の原因に!ヒゼンダニについて 

『激しいかゆみを引き起こす疥癬の原因に!ヒゼンダニについて 』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

ペットニュースカテゴリの一覧

キーワード・タグの一覧

閉じる