観察ポイント~まずは顔をよく見てみましょう~ 

観察ポイント~まずは顔をよく見てみましょう~ 

犬は自分で体調の変化を知らせることができません。飼い主が愛犬の変化にすぐに気づいてあげられるように正常な状態とチェックポイントをしっかり把握しておきましょう。

愛犬の顔をチェックしよう

愛犬の表情の変化に気づけるのはいつも一緒に過ごす飼い主だけ!チェックポイントを確認してみましょう。

 

耳を確認

・良い状態

耳の内側の皮膚に張りがあり、きれいな肌色をしている。異臭がせず、耳垢がたまっておらず清潔に保たれている。とくに、垂れ耳の犬種や耳の中に毛が密生している犬種は耳のトラブルになりやすいのでこまめにチェックを。

・こんな時は要注意

異臭がある

腫れがある

耳だれがある

耳をしきりに振る

耳垢がたまっている

出血がある

耳をしきりに掻く

呼んでも反応が鈍い、もしくは反応がない

 

口・歯を確認

・良い状態

においやよだれが少ない。歯肉や舌の色は濃いピンクや赤みのかかった色。歯の根元の色は、少し黄色いくらいなら問題ない。

・こんな時は要注意

よだれが多い

悪臭がある

歯の汚れがある

出血している

歯がぐらついたり、抜けたりする

口が閉まらない

唇が腫れる

 

鼻を確認

・良い状態

適度にしっとりしていてつやがある。ただし、睡眠中や起きた後は乾いている状態。とくに鼻の短い犬種は注意してチェックする。

・こんな時は要注意

乾燥してひび割れなどがある

鼻水が出る

出血がある

腫れている

くしゃみ、せきが出る

 

目を確認

・良い状態

にごりや充血がなく、適度に濡れている。目やにがない。目の異常は神経の病気が原因の場合もあるので注意が必要。とくに目が出ている犬種や、被毛の長い犬種はよくチェックする。

・こんな時は要注意

多量の目やに

涙が出ている

かゆがる

にごりや充血がある

まぶたの腫れ

まぶしがる

目が突出している

歩くときにぶつかりやすい

 

目や表情などから、毎日そばで見ている飼い主さんには愛犬のコンディションもなんとなく伝わるもの。いつもと違うな、なにかおかしいなと感じたら、他に異変がないか念のためチェックしてみましょう。耳や歯のお手入れもこまめに行っていると、変化に気がつきやすいでしょう。

観察ポイント~まずは顔をよく見てみましょう~ 

『観察ポイント~まずは顔をよく見てみましょう~ 』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

ペットニュースカテゴリの一覧

キーワード・タグの一覧

閉じる