骨折・脱臼の時の応急処置 

骨折・脱臼の時の応急処置 

もしも愛犬が骨折や脱臼をしてしまったら、飼い主さんも動揺してしまうかもしれませんが、まずは犬を落ち着かせてあげましょう。犬が落ち着いたら、応急処置を行います。骨折や脱臼の場合は、そのままの状態で患部を固定することが大切です。治療は動物病院で行いますので、折れた個所やはずれた関節を元に戻そうとせずにそのまま固定します。患部を保護するすることによって、ぶつけたりして二次的なケガを負うのを防ぐこともできます。

もし出血があるなら、ガーゼなどで止血をしてから固定しましょう。また、ケガしたことによって興奮したり攻撃的になっている場合もありますので、必要であれば口輪などをしてかまれないように注意しましょう。なお、尻尾の固定は技術を要するのでそのままの状態で病院へ連れていきましょう。

 

足の固定

まず患部をガーゼやタオルで巻いて、その上から副木を挟むようにしてテープや包帯などできつくなりすぎないように固定します。厚紙や梱包用のエアパッキンなどの緩衝材を代用してもいいでしょう。

背骨の固定

動物病院に運ぶ際、背骨を動かさないようにすることが大切です。大きな板などに犬を乗せてヒモで縛るか、シーツや毛布を利用しましょう。なければアイロン台などを利用してもいいでしょう。

肋骨の固定

伸縮性のある幅の広い包帯か、シーツなどを使って犬の胴体をきつめに巻きます。ショック症状で歯ぐきや舌が白くなっている場合は、固定はせずに病院へ運びましょう。抱き上げないように注意が必要です。

骨折・脱臼の時の応急処置 

『骨折・脱臼の時の応急処置 』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

ペットニュースカテゴリの一覧

キーワード・タグの一覧

閉じる