擦り傷、切り傷、刺し傷、かみ傷の時の応急処置 

擦り傷、切り傷、刺し傷、かみ傷の時の応急処置 

散歩中に鋭利なものを誤って踏んでしまったり、犬同士でケンカしたときなどに、すり傷や切り傷などのケガを負ってしまうことも珍しくありません。ケガの痛みや驚きでパニック状態になっていたら、まずは犬を落ち着かせてあげましょう。もし出血していたら、止血をしてから患部を流水で洗います。消毒したあと傷口に包帯などを巻いて保護します。

 

止血の方法

止血の方法は、出血の量や部位によって異なります。出血があまり多くない場合はガーゼなどで強めに抑えて止血します。包帯を巻くときは、犬が自分で取ってしまわないようにややきつめに巻いて傷口が開かないようにします。場合によってはエリザベスカーラーなどを使用することもあります。鮮血がどくどくと流れているような場合は、傷口よりも心臓に近い部分をひもやタオルなどで強く縛って止血します。ただし、この方法で長時間止血していると縛った個所より先の部分に血が通わずに組織が壊死してしまう可能性があるので、止血の処置を行ったらすぐに病院へ運びましょう。また、暗い赤色の血がだらだらと流れている場合は、傷口そのものを強めに包帯で巻いて止血を行います。

 

細菌感染に注意

すり傷や切り傷で注意しなければならないのは、傷口からの二次的な細菌感染です。かならず流水で洗い、消毒をしっかり行いましょう。もし傷が深かったり縫う必要がある場合には、早めに動物病院へ連れていくことをおすすめします。

擦り傷、切り傷、刺し傷、かみ傷の時の応急処置 

『擦り傷、切り傷、刺し傷、かみ傷の時の応急処置 』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

ペットニュースカテゴリの一覧

キーワード・タグの一覧

閉じる