熱中症の応急処置

熱中症の応急処置

犬は汗腺がほとんどないので、汗をかいて体温を調節することができません。そのため短い時間でも熱中症にかかりやすく、対処が遅れると死に至る場合もあります。軽視せずに一刻も早く応急処置を行うことが大切です。

熱中症になると、呼吸が荒くなる、よだれを流すなどの症状があらわれます。犬の体温は通常では37.5~39度前後に保たれていますが、歯ぐきが赤くなったり心拍数が多いときは体温が40度を超えているサインなので要注意。さらに、歯ぐきが白くなる・けいれん・おう吐などの症状が出ると重症化しており危険です。脳などに影響が出るおそれもあるので、緊急に応急処置を行いすみやかに動物病院へ連れて行かなければなりません。

熱中症の応急手当

犬に熱中症と思われる症状が出たら、まず日陰などの涼しくて風通しのよい場所に運びます。首輪やハーネスがあれば緩めてあげて、首すじ、後頭部、体(脇の下や足のつけ根)の順に水をかけ、保冷材などで冷やしてあげましょう。水をかけるときは冷たすぎると症状を悪化させてしまうことがあるので、人肌程度の温度で十分です。扇風機で送風するものよいでしょう。

そのあと、意識があれば水をたっぷり与えます。一度にたくさん飲めなくても、少しずつ頻繁に与えましょう。このとき塩をひとつまみ入れると、体内に必要な塩分を取り戻すことができます。また、スポーツドリンクがあれば水で2倍くらいに薄めて与えるのも効果的です。もし水分がなければ、アイスクリームやかき氷などでも代用できます。犬の状態を見ながら、体温が37度くらいに戻るまで処置を続けます。

意識があり、症状が落ち着いたとしても、体内の臓器がダメージを受けていることもありますので、応急処置のあとは動物病院を受診するのが安心です。

熱中症の応急処置

『熱中症の応急処置』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

ペットニュースカテゴリの一覧

キーワード・タグの一覧

閉じる