重症化すると命の危険も・・・マダニが媒介する犬のバベシア症とは

重症化すると命の危険も・・・マダニが媒介する犬のバベシア症とは

バベシア症とは、マダニによって媒介される原虫に感染することで起こる病気です。原虫が体内に入ると重度の貧血を引き起こし、病気が進行すると命を落とす危険性もあります。マダニは犬や人の生活環境の中に身近に存在するため、日常的に注意が必要です。

 

【症状】重度の貧血症状

バベシア症の主な症状は貧血です。これは、バベシアという原虫が犬の体内で赤血球に寄生して、分解して栄養としてしまうため血が足りなくなるからです。貧血にともない疲れやすくなったり、舌や歯茎が白く見えたり、ふらつきや食欲低下などの症状があらわれます。発熱する場合も多く、溶血性貧血のために血尿や黄疸が出ることもあります。重症化すると、深刻な貧血のために臓器が機能障害を起こして命にかかわることもあります。

 

【原因】マダニを介してバベシア原虫が寄生する

バベシア症は、マダニによって媒介されるバベシアという原虫によって引き起こされる溶血性疾患です。バベシアに感染しているマダニに吸血される際に、原虫が犬の体内に侵入し赤血球に寄生します。赤血球内に寄生したバベシアは、血球内成分を栄養として成長し、分裂・増殖を繰り返しながら赤血球を破壊(溶血)します。またバベシア症に感染した犬が妊娠すると、胎盤を通して子犬に感染することもあります。

 

【治療】症状を抑える治療を行う

バベシア原虫を完全に除去できる治療薬は今のところありません。基本的には症状を抑え、抗菌剤や抗生物質でバベシアの繁殖を防ぐ治療が行われます。貧血対策として輸血を行う場合もあります。治療して体力が回復した後も、無症状のまま原虫が体内に潜んでいる状態であるため、体力や免疫力が低下すると再発するケースもあります。

 

【予防】マダニ予防で感染を防ぐ

マダニをしっかり予防することで、バベシア症の感染を防ぐことができます。毎日散歩に出かける習慣があったり、マダニの多い野山や公園、河川敷や草むらなどで遊ぶ機会が多いのであれば、マダニ駆除剤を前もって投与しておきましょう。もしマダニがついているのを見つけても、必ずしもバベシア症を発症するわけではないので、落ち着いてマダニ駆除しましょう。マダニは無理にむしり取ると吸い口の顎が犬の皮膚に残って腫れの原因になってしまうので、駆除薬を使用するか病院で処置してもらうようにしましょう。

おすすめ商品

サーチフェクト小型犬用(2kg~10kg)

サーチフェクト小型犬用(2kg~10kg)

サーチフェクトは、首筋に垂らすだけで、ノミ・マダニ・シラミ・ハジラミを完全に駆除します。また、バベシア症、ライム病の感染機会を低減することが可能な万能製品として人気の高いお薬です。

フロントラインプラス 犬用(10kg未満)

フロントラインプラス 犬用(10kg未満)

フロントラインプラスはノミ対して優れた効果を発揮するだけではなく、犬のシラミとハジラミの駆除にも効果的です。またその繁殖・再寄生を予防します。

ネクスガード 11mg チュアブル 犬用 (2-4 Kg) 3錠

ネクスガード 11mg チュアブル 犬用 (2-4 Kg) 3錠

ネクスガードはノミやマダニを駆除してくれるお薬で、副作用がなく安全性も高いと言われています。
本製品に含まれている成分の一つアフォキソラネルがノミやマダニを駆除してくれます。

重症化すると命の危険も・・・マダニが媒介する犬のバベシア症とは

『重症化すると命の危険も・・・マダニが媒介する犬のバベシア症とは』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

ペットニュースカテゴリの一覧

キーワード・タグの一覧

閉じる