人にも感染するライム病ってどんな病気?どうやって予防する?

人にも感染するライム病ってどんな病気?どうやって予防する?

ライム病は、マダニによってボレリアという細菌に感染して起きる病気です。感染してもすべての犬に症状があらわれるのではなく、感染したうちの約5%が発症するといわれています。また、犬だけでなく人も感染するおそれがある人畜共通感染症でもあります。

 

【症状】感染してもすべてが発症するわけではない

ライム病は、感染してもほとんどの犬は症状が出ない不顕性感染です。感染した犬のうちおよそ5%が発症するといわれていますが、その症状の多くは多発性関節炎です。関節が腫れ、足を引きずったり、四肢を触られるのを嫌がったりします。そのほかにも元気がなくなる、食欲が低下する、発熱やリンパの腫れなどの症状もみられます。基本的にすぐさま命にかかわるような症状ではありませんが、放置して病気が進行すると急性腎不全や糸球体腎炎、心筋炎、心膜炎などの合併症を引き起こしてしまうこともあります。

 

【原因】マダニが媒介する細菌に感染

ライム病は、ボレリアという細菌が体内に侵入することで感染します。この菌を媒介するのは人や犬の活動範囲内にも多く存在するマダニです。

菌を保有している動物(野鳥やシカ、野ネズミ、リスなど)を吸血したマダニが、未感染の犬や人を吸血する際に唾液からボレリア菌が体内へ侵入します。ちなみに人間がライム病に感染すると、遊走性紅斑などの皮膚症状、髄膜炎などの神経症状や関節炎などの症状があらわれることがあります。

 

【治療】抗菌剤の投与が有効

ライム病の治療には抗菌薬が有効です。抗生剤であるテトラサイクリンなどを投与して薬物治療を行いますが、それだけでもかなりの症状の改善が見込まれます。腎不全や糸球体腎炎などの合併症を発症していれば、それに対する治療も行います。

 

【予防】

マダニに刺されないことが一番の予防法です。草むらを通る散歩や、マダニが多く生息する野山や河川敷などに遊びに行くときには、前もってマダニ駆除薬を投与し、帰宅後はブラッシングして犬の体にマダニがついていないかチェックしましょう。もしマダニが付着しているのを見つけても、無理にはがしてはいけません。無理やり引き離すとマダニの口が体の表面に残ってしまい、皮膚が化膿する原因になります。駆除薬を使うか、病院に連れて行って駆除してもらうようにしましょう。習慣的に散歩や外遊びをするのであれば、マダニ駆除薬を定期的に投与することも予防に有効です。

また、人もマダニによってライム病に感染する可能性があるので、愛犬とともに草むらを散歩する際には長袖・長ズボンを着用してマダニが付着しないようにするなどの注意が必要です。

おすすめ商品

サーチフェクト小型犬用(2kg~10kg)

サーチフェクト小型犬用(2kg~10kg)

サーチフェクトは、首筋に垂らすだけで、ノミ・マダニ・シラミ・ハジラミを完全に駆除します。また、バベシア症、ライム病の感染機会を低減することが可能な万能製品として人気の高いお薬です。

リーナルドッグ(犬用慢性腎不全)85mg

リーナルドッグ(犬用慢性腎不全)85mg

リーナルドッグ(犬用慢性腎不全)は犬の腎機能をサポートするサプリメントです。

アジー100mg 60錠

アジー100mg 60錠

アジーはジスロマックのジェネリック医薬品(後発医薬品)です。
アジスロマイシンという成分が含まれており、マクロライド系の抗生物質が細菌などの蛋白質合成を阻害し、増殖するのを防ぐ効果があります。
細菌類が原因の病気に使用することのある抗生剤でもあります。

人にも感染するライム病ってどんな病気?どうやって予防する?

『人にも感染するライム病ってどんな病気?どうやって予防する?』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

ペットニュースカテゴリの一覧

キーワード・タグの一覧

閉じる