ラフコリーの特徴・性格、かかりやすい病気はどんなの?

ラフコリーの特徴や性格、かかりやすい病気についてご説明します^^

 

特徴

“名犬ラッシー”などの映画やアニメでも有名なラフコリー。
ラフコリーは賢くエレガントで高級な犬のイメージであったラフコリーの人気を一般大衆に広めたのは“メイ犬ラッシー”とも言われています。
“名犬”とつくだけあって、見た目の良さ、賢さ、運動能力の良さすべてを兼ね備えている犬です。

 

ラフコリーはイギリスが原産の犬種になります。
ふさふさな体毛で、細長いマズルに先が折れ曲がった半立ち耳、えりまきのような胸元としっぽ、手足の豪華な飾り毛がラフコリーの特徴です。

 

ラフコリーには、非常によく似た近縁にスムースコリーの存在があります。
世界中で人気犬種となっているラフコリーよりは数が少ないものの、牧羊が盛んだった時代にはスムースコリーも人気の実用犬種でした。

 

1860年代、犬好きで知られたイギリスのビクトリア女王はスコットランドで見かけたコリーたちを気に入り、2頭を連れて帰ることにしました。
実はこの時のコリーは、ラフコリーではなくスムースコリーだったと伝えられています。
スムースコリーに注目が集まると同時に、スムースコリーより穏やかで落ち着いているとされるラフコリーが広く知られるようになりました。

 

1870年代になると、イギリス国内だけでなく、アメリカにも輸出されるようになりました。
アメリカに渡ったコリーたちは大型犬の飼育について比較的余裕のある住宅事情にマッチし、イギリス同様、最初は富裕層など上流階級で飼育されていました。

 

体重は20kg~34kgの大型犬です。
ラフコリーはセーブル&ホワイト・トライカラー・ブルーマールの3色が公認されています。

 

性格

ラフコリーの性格は“名犬ラッシー”のように忠実で温厚です。
穏やかで優しく、飼い主に忠実で喜んでもらうことを好みます。
そして牧羊犬らしく非常に賢く、洞察力をもち、自分で判断する能力にも優れています。

 

敏感に周囲の状況を観察することができるのもラフコリーです。
飼い主に影響を受けやすい性格なので、飼い主が怒っていたり不安を感じたりすると、いちはやくその気持ちを汲みとってくれます。
ただ、敏感すぎることもあるので、飼い主から怒られたり体罰を受けたりするとストレスを感じやすいとされています。

 

お手入れ方法

ラフコリーは大型の牧羊犬ですので、毎日たくさんの運動が必要です。
特に1~2才ころまでは朝晩1時間ずつの散歩でも物足りないかも知れません。
飼育に関しては、十分な運動量を日々確保できるかどうかをまず検討する必要があります。

 

そしてラフコリーは、外にひとりで放っておかれるよりも、室内で飼い主の周りで落ち着くほうが好きな性向です。
人と接するのが大好きな犬ですので、コミュニケーションを密にとることから喜びや信頼感を味わいます。

ラフコリーは長毛のダブルコートで、抜け毛は多くあります。
できれば毎日、少なくとも週に3回程度のブラッシングをしてあげましょう。

 

 

かかりやすい病気

ラフコリーには、この犬種独特の遺伝性眼科疾患があります。

コリー眼異常(CEA)

失明の隠れた原因の一つであり、眼の奥に青白い部分(脈絡膜形成不全と呼ばれる)が見られる、劣性遺伝を示す先天性欠損症の一つです。
ラフ/スムースコリー、シェットランドシープドック(シェルティ)、そしてボーダーコリーはこの疾患にかかりやすい犬種です。

 

ボーダーコリーでは10%未満の発生率です。
ラフコリーとスムースコリーでは50~90%の発生率と報告されています。
クイーンズランドのある調査ではシェルティにおける発生率は約74%であるとしています。

 

軽度の視力障害から重度の失明まで、症状が様々です。
発症した犬からの繁殖を避ける以外に、予防法や治療法はありません。

動物病院の眼底検査によって発見可能ですから、犬が物にぶつかったりつまずいたりする異常な行動をしているときは、なるべく早めの通院をおすすめします。

 

聴覚障害

頭部が白いコリーや、両親がブルーマールやセーブルマールの場合、聴覚障害や視覚障害を起こす可能性が高くなります。

聴覚障害も遺伝性の病気のひとつです
左右どちらかの難聴から両耳の完全無聴覚など、程度の差も幅があります。

お迎えする子犬の家系に遺伝性の病気を発症している子がいないか必ず確認するようにしましましょう。

 

胃がん

人間と共に、犬の場合も胃がんの発生率はかなり高いとされます。
犬の胃がんの場合、飼主さんが症状に気付かず、老衰で亡くなったと見過ごす方や、病院に連れて行ったときは、かなり進行しているということも少なくないと言われています。

 

犬の胃がんには人間と同じく、何種類かの進行の具合があります。
犬の胃がんは残念ながら初期症状というものはありません。
症状が出てくるのは、中期から後期にかけて胃がんのステージが進行してからになってしまいます。

 

症状としては“食欲不振”・“元気がない”・“体重減少”・“嘔吐”・“下痢”
更に進行すると“腹部にしこりができる”・“黄疸ができる”・“嘔吐を繰り返す”・“重度の貧血”・“食べ物を受け付けない”というのが主な症状です。

 

この症状が出た時は、かなり胃がんが進行していますので早急に動物病院に連れて行く必要があります。
人間でも検査をしないと発見できない病気です。
2.3日元気がないと感じたり、スキンシップしたときにいつもと雰囲気が違うと感じたら直ぐに病院へ連れて行くのがいいでしょう。

 

膿皮症

膿皮症は常在している【ぶどう球菌】が大量に発生して起こる皮膚炎です。
小さな膿の湿疹から、次第に大きな湿疹に変わり広がります。
感染した皮膚を放置しておくと穴が開いたり、悪臭を放ったりする恐ろしい皮膚炎です。
治療は、抗生物質を飲ませたり殺菌性の強いシャンプーを使ったりします。

 

膿皮症の治療には現在下記のような軟膏も使われています。
ちろん病院で診てもらうことが治療法となりますが、薬に関しては通販などでも購入することができます。
副作用も少ないので自宅に常備していると安心なのではないでしょうか。

 

膿皮症の治療薬⇒スタフバン

 

※コリー種はフィラリア予防薬で神経症を引き起こす遺伝子があるので、注意が必要です。

編集部

おすすめ商品

スタフバン

スタフバン

スタフバン(ムピロシン・バクトロバン・ジェネリック)はムピロシンを有効成分とする軟膏タイプの抗生物質で愛犬愛猫にご利用いただけます。
スタフバン軟膏は犬によく見られる皮膚疾患のひとつである膿皮症の治療薬で経口タイプのお薬と比較すると副作用の可能性が低くなっており安心してご使用いただけます。
有効成分のムピロシンは抗菌作用のある成分で、他の成分と比べても効果や安全性に優れているためアメリカのFDA(食品医薬品局)に認証され、広く使用されています。

アジー250mg 10錠

アジー250mg 10錠

アジーはジスロマックのジェネリック医薬品(後発医薬品)です。

本製品アジー250mgは犬や猫のマラセチア、マイコプラズマやクラミジアなどの細菌を殺菌し、細菌の増殖を防いでくれる製品となります。
アジスロマイシンという成分が含まれており、マクロライド系の抗生物質が細菌などの蛋白質合成を阻害し、増殖するのを防ぐ効果があります。
細菌類が原因の病気に使用することのある抗生剤でもあります。
幅広い感染症に有効なので、抗生物質として常備薬にもおすすめです。

ラフコリーの特徴・性格、かかりやすい病気はどんなの?

『ラフコリーの特徴・性格、かかりやすい病気はどんなの?』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

閉じる