レオンベルガーの特徴・性格、かかりやすい病気はどんなの?

レオンベルガーの特徴や性格、かかりやすい病気についてご説明します^^

 

特徴

レオンベルガーは1846年にドイツで誕生した超大型犬です。
均衡のとれた筋肉質な体とたくましい脚をしており、外見はライオンのようなたてがみ、水かき、ブラックマスクが特徴的です。
指の間の皮膚が水かきのようになっているのは、水難救助犬である「ニューファンドランド」の血を引いているからです。

 

レオンベルガーの改良の基礎犬となったのはセントバーナードとニューファンドランドです。
更にライオンに似せるためにクーバースやグレートピレニーズが掛け合わされ、現在のレオンベルガーの姿となったそうです。

 

第二次世界大戦では、数が激減してしまい絶滅の危機を迎えますが、戦後のレオンベルガー愛好家たちの活動によって何とか絶滅の危機を乗り越えています。
サイズが大きく住まいを選ぶものの、無駄吠えの少ない穏やかで優しい性格のレオンベルガーには日本でも熱心な愛好家がおり、毎年のように出産登録されています。

 

体重は34kg~50kgの超大型犬です。

 

レオンベルガーの毛色は“ライオン・イエロー”・“レッド”・“赤褐色”・“サンド”と、これらの色の組み合わせになります。
そして顔には必ずブラックマスクがあります。
また、ブラックを基調とした毛色はドッグショーでは失格となります。

 

 

性格

レオンベルガーはファミリードッグとして誕生した犬種なので、穏やかで優しい性格をしています。
賢い犬種なので飼い主さんには忠実に愛情深く接してくれます。
コワモテな見た目とは裏腹に甘えん坊な一面を持つ優秀な家庭犬として、近年日本でも人気が高まっているようです。

 

温和で吠えることは少ないため、レオンベルガーは番犬には向いていません。

お手入れ方法

レオンベルガーは大きな体をしていますが、激しい運動は必要ありません。
ただ散歩のようにじっくりと時間をかけた運動は好ましく、出来れば1日1~2時間以上、1日2回行ってあげましょう。
穏やかなので他の犬と争うこともなく、売られたケンカを買うことも少ないレオンベルガーですが、体が大きいため周囲が驚いたり怖がったりしますのでオフリードはやめましょう。

 

ニューファンドランドの血を引いているので泳ぐのが大好きです。
許可された場所では思い切り泳が得てあげましょう。

 

レオンベルガーのしつけも難しくありません。
人の言うこともよく聞き取りますから信頼関係をしっかりと作りながらトレーニングできるでしょう。

 

レオンベルガーはダブルコートの中長毛犬で体も大きいため、被毛の手入れは大変です。
少なくても週3回のコーミング・ブラッシングをシャンプーも定期的に行ってください。

 

暑い被毛なので、日本の夏は非常に厳しいです。
体調管理の為にもできるだけ室内の涼しい場所で飼育してあげるようにしましょう。

 

 

かかりやすい病気

股関節形成不全症

太ももの骨と骨盤とを結合する股関節の形が先天的に異常な状態をいい、股異形成とも言われています。
子犬の頃は症状が見られず半年頃から以上が見られるようになります。

症状としては、歩行時に腰が左右にゆれたり、運動を嫌ったり、スキップのようなしぐさをするようになります。
原因は遺伝だったり、成長して股関節に力が加わると骨盤の形成に影響があるとのこと。

早期発見するためにも常に愛犬の様子を見て少しでも様子がおかしい時は医師の診断を受けましょう。

 

肘関節形成不全

前腕部と上腕部を連結する肘関節に異常がみられる状態のことです。
異常があると関節が噛み合わなくなり、痛みや運動障害を引き起こしてしまいます。

 

遺伝や骨が成長する4ヶ月齢から10ヶ月齢の時に機械的ストレス(激しすぎる運動、落下、急激な体重増加など)が原因で発症します。
症状としては“歩き方がおかしい”・“運動を嫌がる”・“前脚の形がおかしい”・“肘を曲げるのを嫌がる”・“肘関節の腫れ”などがあります。
症状が進行すると重度の跛行を示します。
年齢や状態によって外科手術を行う場合もあるので、様子がおかしいと思った場合は直ぐに獣医に診てもらいましょう。

 

胃捻転

胃捻転はなんらかの原因で胃が捻転してしまい、胃の内容物が発行し、発生したガスが胃をパンパンにするほど充満して、その胃が捻転する状態です。
捻転することによって胃は、周りの臓器を圧迫します。
圧迫された臓器は壊死してしまうなど全身に影響を及ぼし、最悪のケースでは死に至ることもあります。
胃捻転を起こした場合には直ぐに処置をしないと、なかなか助からない緊急性の高い病気です。

 

症状としては“吐きたいのに吐けない”・“大量のよだれ”・“落ち着きがなくウロウロする”・“腹部を舐める”・“お腹が腫れる”・“食べたがらない”などです。
原因は“食後すぐの運動”・“ドカ食い”・“胃でガスを発生しやすい食べ物の接種”・“ドッグフードなど胃で急激に膨らむ食事の接種”・“ストレス”・“加齢”・“遺伝”などと言われていますが、はっきりとした原因は分かっていません。

 

はっきりとした原因がわかっていない為、予防方法はありませんがリスクを減らす為にも食後直ぐの運動やドカ食いなどは避けた方がいいでしょう。

 

アジソン病

アジソン病(副腎皮質機能低下症)はクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)とは逆に副腎皮質ホルモンの分泌量が低下することで起こる病気です。
主な症状としては“元気がなくなる”・“食欲不振”・、“身震い”・“下痢”・“嘔吐”・“体重減少”・“水をたくさん飲む”・“尿の回数が増える”・“運動を嫌がる”などです。
原因は大きく2つ副腎の変性と投藥の副作用です。
副腎の変性とは手術などで摘出、出血、腫瘍などで副腎から分泌するホルモンの量が減ることで発症します。
投藥の副作用は副腎皮質ホルモンと同じ作用をする薬の投与を止めると発症することがあります。

 

アジソン病には具体的な予防法がないと言われています。
早期発見・早期治療が何よりも大切になってくるので、その場合は直ぐに動物病院へ連れていきましょう。

編集部

おすすめ商品

ネクスガードスペクトラ 180 チュアブル 超大型犬用 (30-60Kg) 3錠

ネクスガードスペクトラ 180 チュアブル 超大型犬用 (30-60Kg) 3錠

ネクスガードスペクトラ 180 チュアブル 超大型犬用(30-60kg)3錠はノミやマダニを駆除し、フィラリア予防、回虫などの内部寄生虫にも効果があります。
フィラリアへの有効性も1ヵ月持続し、チュアブルタイプなので食べやすいです。

アジー250mg 10錠

アジー250mg 10錠

アジー250mgは犬や猫のマラセチア、マイコプラズマやクラミジアなどの細菌を殺菌し、細菌の増殖を防いでくれる製品となります。
幅広い感染症に有効なので、抗生物質として常備薬にもおすすめです。

レオンベルガーの特徴・性格、かかりやすい病気はどんなの?

『レオンベルガーの特徴・性格、かかりやすい病気はどんなの?』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

閉じる