ブリティッシュショートヘアの歴史・特徴・性格、かかりやすい病気はどんなの?

ブリティッシュショートヘアの特徴や性格、かかりやすい病気についてご説明します^^

歴史

ブリティッシュショートヘアは、2世紀ごろに古代ローマがイギリスへ侵攻する際に連れてきた猫だと言われています。
イギリスでは最も古い歴史を持つ猫として、長い間ネズミ捕りのハンターとして活躍してきたようです。

 

1800年代に入ると、イギリスでは土着の猫が注目され、ブリティッシュショートヘアを改良する試みが始まります。
1870年代にはキャットショーにも出陳され、1890年代にはブリティッシュショートヘアとして正式な猫種に認められました。

 

特にブルーのカラーが人気で、当時はブリティッシュブルーの名で呼ばれていたようです。

20世紀に入り、第二次世界大戦を迎えると食糧難から猫の飼育が難しくなり、絶滅の危機を迎えました。
その際、もっともタイプが近いとされるペルシャとの交配があり、これによって窮地を脱します。

大型の猫でしたが交雑の結果、現在は中型のセミコビータイプになっています。

特徴

がっしりと丸みを帯びた体型のため太っているようにも見えますが、成猫の体重は3.5~6.5kgと平均的な猫と同じくらいの重さです。

 

毛色はブリティッシュブルーと呼ばれる青みがかったグレーが人気です。
しかし、トラディショナルカテゴリーの全ディビジョン、カラーが公認されているため、様々な毛色の猫がいます。
の毛並みはぬいぐるみのようにふかふかでやわらかく、いつまでも撫でてあげたくなる触り心地だそうです♪

 

性格

ブリティッシュショートヘアは物静かでとても穏やかな性格をしています。
猫らしいプライドの高さと威厳があり、賢くもあります。
自立心も高いため、無駄鳴きがあまりないと言われています。
その反面、寂しがり屋で甘えん坊な性格も人気の一つかもしれません!

 

騒がしい場所が苦手なので、大家族だったり、大通り沿いなど騒がしい環境での飼育はオススメしません。
ブリティッシュショートヘアは褒められるのが大好きです。
しつけが上手くいった時はめいっぱい褒めてあげると良いでしょう。

飼い方

ブリティッシュショートヘアはネズミ捕りハンターの気質は健在で、そのようなおもちゃであればよく遊びます。
しかし中年齢以降では、ほとんど騒がなくなる為、体質的に太りやすいので、運動する為の工夫も必要になります。

 

短毛のダブルコートで被毛の手入れは難しくありませんが、気難しくわがままな面があるので、シャンプーやグルーミングは子猫の頃から慣らしておかないと、成猫になってから拒否されて手間取ることが少なくないようです。

 

かかりやすい病気

ブリティッシュショートヘアは、全体の半分以上がB型の血液型であることが知られています。
猫の血液型はA型がほとんどなので、B型が多数であるブリティッシュショートヘアは大変珍しく、治療で輸血が必要な時や、妊娠・出産のときには注意が必要です。

すべてのブリティッシュショートヘアがB型とは限りませんが一度は動物病院で血液型の判定を受けておきたいものです。

 

ブリティッシュショートヘアは非常に古くから存在する猫種のため、頑健で遺伝性疾患も少ないとされています。

肥大型心筋症

肥大型心筋症とは心臓の筋肉が内側に向かって厚くなり、心室が狭くなり体に十分な血液を送ることが出来なくなってしまう病気です。
体に十分な血液を送ることが出来なくなるので、体はバランスをとるために心拍数を上げたり、血圧を上げたりします。
肥大型心筋症は猫の心筋症のうち、約2/3を占めると言われています。

 

発症年齢は年齢は6カ月から16歳とされていて、どの猫ちゃんにも起こる可能性があります。

症状は初期の段階では、目に見える症状はほぼありません。
逆に言うと、飼い主さんからみて症状が目に見える状態になっていると、病気はかなり進行していると言えます。
少しの運動で呼吸が荒くなってあまり動かない、呼吸困難、歩き方がおかしくなり、立てなくなる(この時、すごく痛がる)、があります。
また、体が血圧を上げようとした結果、肺の動脈で血液が渋滞し、肺水腫になったり、胸水が溜まることもあります。

 

心臓の病気というものは、基本的には完治しない病気です。
そのため病気が進行しないよう、心臓が長持ちするように、血栓ができないように、お薬を使っていい状態を維持していくようになります。

定期的な検査を行って、心臓の状態をチェックしていきましょう。

 

編集部

おすすめ商品

レボリューション 45mg 猫用(6週齢以上及び体重2.6kg~7.5kg)3本

レボリューション 45mg 猫用(6週齢以上及び体重2.6kg~7.5kg)3本

8週齢以上及び体重2.6~7.5kgまでの猫用です。レボリューションはフィラリア・ノミダニの予防を同時に行う薬です。
便利なスポットオンタイプなので、経口薬が苦手なペットに最適です。

セファレキシン(CEFF)500mg カプセル10錠

セファレキシン(CEFF)500mg カプセル10錠

ケフレックスのジェネリック薬品です。新たな細菌から患部を守ることにより、皮膚・泌尿器・呼吸器・骨・関節の細菌感染治療に効果を発揮します。
ペニシリンに比べるとより広範囲の細菌に対して効果があります。

ブリティッシュショートヘアの歴史・特徴・性格、かかりやすい病気はどんなの?

『ブリティッシュショートヘアの歴史・特徴・性格、かかりやすい病気はどんなの?』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

閉じる