ホルモンバランスの異常がもたらす病気、内分泌性皮膚炎とはどんな病気??

ホルモンバランスの異常がもたらす病気、内分泌性皮膚炎とはどんな病気??

愛犬・愛猫の体中には様々なホルモンが存在しています。ホルモンにはそれぞれ細胞を形成、維持する役割があり、各ホルモンの分泌量に異常があると体調を崩しやすくなったり、時にはいつも通りの行動ができなくなってしまいます。

【症状】内分泌性皮膚炎の症状

内分泌性皮膚炎とは、ホルモンの異常により、ホルモン分泌量が増減することを言い、その後皮膚炎症が起こりやすくなります。もしも愛犬・愛猫にかゆみ症状が出たら、まず最初に皮膚病が疑われます。なぜ皮膚病に感染するかというと、第一にホルモンバランスの異常が考えられます。ペットの体内では様々な種類のホルモンが分泌され、それぞれが体内の器官や臓器のはたらきを調節してくれます。皮膚に働きかけるホルモンの中に、季節に応じて毛が生え変わるように働きかけるホルモンがあります。換毛期ではないのに、抜け毛が多い場合、それは確実に内分泌性皮膚炎の症状です。時には地肌が見えてしまうほど脱毛してしまう場合もあります。

【原因】ホルモンバランスの異常が起こす皮膚炎症

内分泌性皮膚炎の原因としては、分泌されているホルモンバランスが正常でなくなり、皮膚に炎症が起こることです。皮膚を形成維持するホルモンはそれぞれ、副腎皮質ホルモン、性ホルモン、成長ホルモン、甲状腺ホルモンなどがあげられます。まだはっきりと判明していないため断言できませんが、ホルモン異常の原因は、ストレスや先天性異常、腫瘍が考えられています。

【治療】内分泌性皮膚炎の治療法

内分泌性皮膚炎治療では日頃から愛犬・愛猫の皮膚の状態を確認することが大切になってきます。もし異常が見られたら血液検査でホルモンバランスの異常を細かく特定することができます。その後、別の要因で内分泌性皮膚炎が引き起こされていないか検査を行います。ホルモンが足りないという場合にはホルモンを補ったり、多量の場合にはホルモンを抑制する内服薬を投与してあげます。内分泌性皮膚炎治療は時間がかかるので、こういった治療を根気よく行うことが必要になります。

【予防】健康バランスのとれた食事を与えることが大切

皮膚病はペットにとって身近な病気です。体内の異常は愛犬・愛猫の皮膚で判断することができます。もしも愛犬・愛猫が突然の皮膚炎に悩まされたら、それは大きな病気のサインかもしれません。日頃から栄養価が高く、不純物を含んでいないドッグフードを与えるなどして、ホルモンバランスを考慮した食事を心掛けて下さい。

おすすめ商品

ワイソローン(プレドニゾロン) 5mg 90錠

ワイソローン(プレドニゾロン) 5mg 90錠

ワイソローン(プレドニゾロン) はかゆみを抑える作用に特に優れているとされることから、アトピー性皮膚炎をはじめとした激しいかゆみを伴う皮膚炎の症状緩和に適切とされています。
有効成分に含まれるプレドニゾロンは、炎症やアレルギー性の病気の症状を改善する免疫抑制剤として知られています。

チロノーム(チロキシンナトリウム)25mcg

チロノーム(チロキシンナトリウム)25mcg

チロノーム(チロキシンナトリウム)は甲状腺の障害や手術が原因で不足した甲状腺ホルモンを補う甲状腺ホルモン剤です。
チロキシンナトリウムという有効成分が甲状腺機能低下症の治療に効果があります。

ホルモンバランスの異常がもたらす病気、内分泌性皮膚炎とはどんな病気??

『ホルモンバランスの異常がもたらす病気、内分泌性皮膚炎とはどんな病気??』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

ペットニュースカテゴリの一覧

キーワード・タグの一覧

閉じる