マンソン裂頭条虫症の感染経路とは?~原因や予防法について~

マンソン裂頭条虫症の感染経路とは?~原因や予防法について~

マンソン裂頭条虫は、犬や猫の小腸の粘膜に吸着して寄生し、マンソン裂頭条虫症を引き起こす寄生虫です。ほとんどの場合は無症状ですが、寄生した数が多い場合には下痢などの消化器症状や腸閉塞を起こすこともあります。人も感染する人畜共通感染症ですが、犬や猫から直接感染することはなく、中間宿主であるカエルやヘビが感染源となります。

 

【症状】多数寄生すると下痢などの症状が出る

マンソン裂頭条虫に感染してもほとんどの場合無症状か、便のにおいがきつくなる、便がゆるくなる、食べてもあまり太らないなど軽い症状がみられるにとどまります。ただし寄生数が多い場合には、慢性的な下痢が続いたり、体重の減少、嘔吐、さらに腸閉塞などの症状がみられることもあります。

 

【原因】カエルやヘビを捕食して感染する

マンソン裂頭条虫というサナダムシ(条虫)の一種が寄生することで発症します。条虫の幼虫(プロセルコイド)に寄生されているカエルやヘビ、鳥類などを捕食することにより体内に入り、犬や猫の小腸に寄生して幼虫から成虫へと成長します。マンソン裂頭条虫は成長すると1mを超す長さになり、消化器に障害をもたらしながら1年半ほど生き続けます。

 

【治療】駆虫薬を複数回投与する

マンソン裂頭条虫症の治療方法は駆虫薬による駆除です。プラジクアンテルという駆虫薬が有効ですが、一度の投薬ではすべて駆除できないので、完治までに複数回投薬することになります。

 

【予防】カエルやヘビを捕食させない

マンソン裂頭条虫症を予防するには、中間宿主であるヘビやカエルを捕食させないことが大切です。室外で飼育している場合や郊外での散歩中には注意が必要です。猫の場合も、室外へ自由に行き来できる環境であれば気を付けましょう。定期的に糞便検査を受けることも早期発見に役立ちます。マンソン裂頭条虫症の初期症状は単なる体調不良と間違えやすいですが、ペットの便の状態に気になる異変があれば早めに病院で相談するようにしましょう。

ちなみに、マンソン裂頭条虫はまれに人に感染することもあります。人の体内では幼虫のまま寄生することが多いのでマンソン弧虫症と呼ばれていますが、ごくまれに成虫になり人体内で障害を引き起こすことがあります。感染すると皮下にしこりのような腫瘤ができ、寄生した部位によっては命の危険が生じる場合もあります。感染しないためには、ヘビやカエルを火を通さないまま生で口にしない、幼虫が存在するおそれのある野外の水などは飲まないなどの注意が必要です。

おすすめ商品

キウォフプラス犬用

キウォフプラス犬用

キウォフプラスはドロンタールプラスのジェネリック医薬品(後発医薬品)です。
プラジカンテルという有効成分が条虫・吸虫駆除の効果があり、パモ酸ピランテル及びフェバンテルという成分は線虫駆除の効果があります。 それらの成分が配合されているため、相乗的な駆除力と幅広い虫駆除でペットの腸内寄生虫を一掃します。

キウォフ猫用

キウォフ猫用

キウォフはドロンタールキャットのジェネリック医薬品(後発医薬品)です。
愛猫に寄生する猫回虫、猫鉤虫、猫鞭虫、瓜実条虫を駆除してくれる製品となります。
プラジクアンテルという有効成分が条虫・吸虫駆除に、パモ酸ピランテル及びフェバンテルという有効成分が線虫駆除に優れています。

ドロンタールプラス犬用薬

ドロンタールプラス犬用薬

ドロンタールプラスは犬回虫、犬鉤虫、犬鞭虫、瓜実条虫を駆除してくれるお薬です。
プラジクアンテルという有効成分が条虫・吸虫駆除の効果があり、パモ酸ピランテル及びフェバンテルという成分は線虫駆除の効果があります。

マンソン裂頭条虫症の感染経路とは?~原因や予防法について~

『マンソン裂頭条虫症の感染経路とは?~原因や予防法について~』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

ペットニュースカテゴリの一覧

キーワード・タグの一覧

閉じる