発症すると涙が止まらなくなる!流涙症とはどんな病気??

発症すると涙が止まらなくなる!流涙症とはどんな病気??

流涙症とは、何らかの原因で流涙が炎症を起こし、涙が止まらなくなる症状です。この症状が起こると目頭から鼻に至るまで涙が被毛にこびりついてしまい、目周辺の毛が変色します。皮膚疾患を起こす可能性もあるので放っておくと大変なことになります。そうならない為にも愛犬・愛猫の日頃のケアはとても大切なことです。

【症状】涙が止まらなくなる、流涙症の症状

流涙症の症状が現れると、目頭が汚れ、まぶたにも炎症が起きます。涙やけの原因により、眼中に炎症を引き起こすと細菌感染になったり、鼻まで汚れが広がると湿疹ができて皮膚疾患を起こすこともあります。痒みが起こると目をこする為、傷を作ってしまいます。その結果症状を悪化させてしまうことがあります。

【原因】流涙症の原因

涙は、結膜から分泌され、愛犬・愛猫の結膜、角膜を潤してくれる役割があります。普通涙には決まった分泌量がありますが、何かの異常により分泌量が多くなったりします。その結果、排出しきれなかった涙が目頭に溜まってしまいます。その結果涙小管が詰まります。涙小管が詰まると涙が通らなくなり、涙が目頭のほうに溢れてしまいます。流涙症の原因は先天性疾患がほとんどといわれていますが、結膜炎、角膜炎などの影響や、目の周りの筋肉の収縮力が弱まり、涙を吸収する力が弱くなったことが原因の場合もあります。

【治療】流涙症の治療法

流涙症の治療法はいくつか方法が異なります。異物が目の中に入ってしまったことが原因で涙が分泌されている場合は、異物事体を取り除いてあげましょう。原因がゴミ場合、目薬で洗い流し、原因が毛の場合、目周辺の無駄毛をカットしてあげて下さい。 生まれつき涙を通す穴が開いていない、先天的性奇形がある場合、外科手術によって人為的に穴を開通してあげる方法があります。鼻涙管がその他の異常により詰まっているなら、鼻涙管を掃除してあげることが必要です。その治療法は麻酔をかけ、カニューレと呼ばれる器具を使用し、鼻内を洗浄することで涙詰まりを改善させます。 短時間で済んでしまう処置になります。

【予防】愛犬・愛猫の涙腺に異常を感じたらすぐに動物病院へ

流涙症の予防は、異常を感じたら早い段階で動物病院で診察、治療を受けることです。「最近、涙量が多くなった」、「最近目の調子がおかしい」などの異常にいち早く気づいてあげて下さい。鼻涙管が詰まっている程度ならば、動物病院で簡単に洗浄することができます。

 

おすすめ商品

ビジオケア3.5g

ビジオケア3.5g

ビジオケア(ヴィジョケア)はオプティミューンのジェネリック医薬品(後発医薬品)です。
本製品ビジオケア眼軟膏は、乾燥性角結膜炎の初期の段階で使用出来るほど期待できる軟膏タイプのお薬です。

シクロミューン点眼薬(シクロスポリン)0.5% 3ml

シクロミューン点眼薬(シクロスポリン)0.5% 3ml

シクロミューン点眼薬はレスタシスのジェネリック医薬品(後発医薬品)です。
本製品シクロミューン点眼薬(シクロスポリン)は乾性角結膜炎(涙液減少症やドライアイ)の治療薬です。

発症すると涙が止まらなくなる!流涙症とはどんな病気??

『発症すると涙が止まらなくなる!流涙症とはどんな病気??』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

ペットニュースカテゴリの一覧

キーワード・タグの一覧

閉じる