抜け毛が増え、健康が損なわれる!ホルモン性皮膚炎の症状

抜け毛が増え、健康が損なわれる!ホルモン性皮膚炎の症状

ホルモン性皮膚炎とはホルモン性異常による皮膚病です。何かの影響でホルモンに異常が起こり、脱毛してしまうというのが主な症状です。特に4~5歳以上の犬・猫に現れやすい症状で、脱毛時期でもないのに脱け毛が多くなり、地肌が見えるまで脱毛することがあります。

【症状】ホルモン性皮膚炎の症状

ホルモン性皮膚炎の症状は様々で、副腎皮質ホルモン異常、性ホルモン異常、甲状腺ホルモン異常、成長ホルモン異常が主な症状です。以下がそれぞれの症状になります。

副腎皮質ホルモン異常(クッシング症候群)とは、身体が対称性に広く脱毛してしまい、皮膚への石灰沈着、皮膚の萎縮・弱化などが起こり、その後膿皮症いった周辺症状も見られます。

性ホルモン異常とは、メスのエストロゲン分泌過剰で、生殖器や肛門周辺の脱毛が起こり、発情周期の乱れ、繁殖力の低下など症状も現れます。また、去勢したオスではテストステロンの減少に伴い、お尻、しっぽの付け根、脇腹に軽い脱毛が見られることもあります。

甲状腺ホルモン異常とは、動作の緩慢、寒暖に弱くなる、体のむくみといった症状のほか、胴体の左右対称性脱毛や色素沈着が稀に見られることがあります。

成長ホルモン異常とは、首、体幹、太もも裏側における左右対称性の脱毛、皮膚の弱化と色素沈着等の症状がみられます。先天性疾患がほとんどで、生後2~3ヶ月齢から症状が見られますが、後天的に発症するケースもあります。猫には少ない症状です。

【原因】ホルモン性皮膚炎の原因

ホルモン性皮膚炎はホルモンの分泌に異常が起こることが原因で発症します。ホルモンの分泌異常の原因はストレスや先天性異常、腫瘍などが考えられていますが、まだはっきりと特定はできていません。

【治療】ホルモン性皮膚炎の治療

ホルモン性皮膚炎の治療法は、動物病院で血液検査を行いホルモン量に異常がないかを確認します。ホルモン性皮膚炎と診断された場合、ホルモン薬を投薬します。投薬する場合、副作用を起こすおそれがあるため、十分な診断を行うことが必要です。症状に適した薬物の投与が必要になります。

【予防】ホルモン性皮膚炎の予防

ホルモン性皮膚炎の原因は様々で、決まった予防法はありません。中でも先天性疾患や遺伝的なものが原因の場合、予防することは難しいです。日常のストレスが原因でホルモンバランスに影響を与えてしまうこともある為、予防法としては飼い主が日々衛生的・健康的な生活を提供し、常に愛犬・愛猫に愛情注いであげることが大切です。

 

 

おすすめ商品

ワイソローン(プレドニゾロン) 5mg 90錠

ワイソローン(プレドニゾロン) 5mg 90錠

ワイソローン(プレドニゾロン) はかゆみを抑える作用に特に優れているとされることから、アトピー性皮膚炎をはじめとした激しいかゆみを伴う皮膚炎の症状緩和に適切とされています。
有効成分に含まれるプレドニゾロンは、炎症やアレルギー性の病気の症状を改善する免疫抑制剤として知られています。

チロノーム(チロキシンナトリウム)25mcg

チロノーム(チロキシンナトリウム)25mcg

チロノーム(チロキシンナトリウム)は甲状腺の障害や手術が原因で不足した甲状腺ホルモンを補う甲状腺ホルモン剤です。
チロキシンナトリウムという有効成分が甲状腺機能低下症の治療に効果があります。

抜け毛が増え、健康が損なわれる!ホルモン性皮膚炎の症状

『抜け毛が増え、健康が損なわれる!ホルモン性皮膚炎の症状』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

ペットニュースカテゴリの一覧

キーワード・タグの一覧

閉じる