油断すると重症化する皮膚病、アカラス症(ニキビダニ症・毛包虫症)ってどんな病気?

油断すると重症化する皮膚病、アカラス症(ニキビダニ症・毛包虫症)ってどんな病気?

アカラス症とは、ニキビダニ(犬毛包虫)とよばれる寄生虫が、犬の皮膚に寄生することで発症する皮膚病です。母犬から感染した子犬に多く見られる病気ですが、成犬・高齢犬でも発症することがあり、その場合は重症化しやすく生涯にわたって治療が必要となります。

 

【症状】二次感染すると危険な場合も

アカラス症には局所性と全身性の症状があります。

局所性の症状では目や口の周り、前足などの部分がとくに感染しやすく、幼犬によくみられる症状です。脱毛したりフケが増えますがかゆみはありません。これらの症状を放置すると二次的に細菌に感染して、皮膚の化膿や出血、ひどいかゆみが起こり、局所的であった症状が全身に広がることもあります。

全身性の症状も幼犬に多く見られますが、自然治癒するケースも少なくありません。しかし成犬が発症すると完治が難しく、重症化して生涯にわたって治療が必要になります。全身性も二次感染で皮膚が化膿したり、かさぶたと膿が広がる場合もあります。最悪のケースでは弱った皮膚から細菌が侵入し、敗血症を発症するなどして命の危険が生じることもあります。

 

【原因】免疫力の低下などが発症の引き金になる

アカラス症はニキビダニの寄生によって発症しますが、ほとんどが生後間もなく母犬から感染するといわれています。しかしかならずしも発症するとは限らず、寄生されながら無症状でいる場合も多く見られます。そのうち、病気や加齢による免疫力の低下、アトピー性皮膚炎や甲状腺機能低下症などの基礎疾患、遺伝的要素などが引き金となると発症のリスクが高まると考えられています。

 

【治療】根気よく治療を続ける

治療は、ダニ駆虫薬の投与や薬浴によってニキビダニの駆除を行います。膿皮症などの細菌感染を起こしている場合には、抗生物質を投与します。アカラス症の発症の要因となっている基礎疾患があれば、並行して治療を行います。アカラス症は再発する場合も多くニキビダニの完全駆除も難しいため、長期間の治療を根気よく続けていく必要があります。

 

【予防】免疫力向上で予防の基礎を

アカラス症は、体力や免疫力が低下すると発症のリスクが高まる病気です。他の病気についても言えることですが、免疫力の向上を意識して運動や食事に気を配ることが病気予防の基礎になります。また、症状が進むことで重症化すると完治が難しくなり治療が長期化するケースもありますので、皮膚の異変など気になることがあればすぐ病院で診察を受け、ふだんから皮膚や被毛を清潔に保つように心がけましょう。

おすすめ商品

アイボメック注100ml

アイボメック注100ml

アイボメック注100mlイベルメクチン1%は、大型犬用の寄生虫駆除薬です。
体内・体外両方の寄生虫を駆除することができるのが特徴の注射タイプのお薬です。病院では全身性犬ニキビダニ症の治療に使われることもあります。

油断すると重症化する皮膚病、アカラス症(ニキビダニ症・毛包虫症)ってどんな病気?

『油断すると重症化する皮膚病、アカラス症(ニキビダニ症・毛包虫症)ってどんな病気?』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

ペットニュースカテゴリの一覧

キーワード・タグの一覧

閉じる