日常の中で注意するべきことは?クリプトコッカス症の症状と原因について

日常の中で注意するべきことは?クリプトコッカス症の症状と原因について

クリプトコッカス症は、クリプトコッカスという真菌(カビの一種)に感染することで発症します。他の疾患などが原因で免疫力が低下していると発症しやすくなり、くしゃみや粘液膿性の鼻水、発熱などの症状が出ます。犬よりも猫に多く見られる病気で、人にも感染する人畜共通感染症でもあります。

 

【発症】くしゃみや鼻水、鼻の潰瘍などの症状

クリプトコッカス症にかかると、くしゃみ、粘性の鼻水、血の混じった鼻水、発熱、食欲低下などの症状がみられるようになります。いびきをかくようになることもあります。そのほか鼻に潰瘍、全身にしこりができるなど皮膚の症状が出ることがあり、鼻の潰瘍のために悪化すると肺炎を起こす場合もあります。またクリプトコッカスが中枢神経系に感染すると、痙攣や麻痺、運動障害、意識障害などの症状があらわれます。目の組織に感染が広がると、視神経炎、網膜剥離、ブドウ膜炎を引き起こすおそれもあります。

 

【原因】クリプトコッカスを吸引することで感染

クリプトコッカスという真菌(カビ)を吸い込むことで感染します。クリプトコッカスは空気中や土壌中などさまざまな場所に存在し、ハトの糞便にとくに多く含まれています。健康な犬や猫は吸引してもほとんど発症することはありませんが、他の感染症などによって免疫力が低下しているときに発症しやすくなります。呼吸時に鼻や口から吸いこむため肺や気道を中心に感染しますが、皮膚や目、神経などあらゆる部位に感染する可能性があります。

また、クリプトコッカス症は人にも感染する人畜共通感染症です。感染すると動物と同じように粘液膿性の鼻水、くしゃみ、鼻の潰瘍などの症状があらわれ、感染範囲が広がると脳髄膜炎や脳炎を併発することもあります。高齢者や幼児をはじめ免疫力が低下している人は感染に注意しなければなりません。

 

【治療】抗真菌剤による治療

主に真菌に対する抗生剤を用いた治療を行います。それに加えて鼻炎や皮膚炎、目の症状に合わせた対症療法が行われます。とくに中枢神経に感染している場合は、生涯にわたって治療を続けていかなければなりません。クリプトコッカス症の治療は長期化するため、根気よく続けていく必要があります。

 

【予防】免疫力を高めて感染リスクを下げる

クリプトコッカスは環境の中に多く存在するために予防が困難ではありますが、日ごろからペットの健康管理に注意し、免疫力や体力が低下しないようにケアしてあげることが大切です。身近なところではハトの糞便に多く含まれていますので、ハトが多く集まっている場所などには近づかないようにし、庭やベランダにハトの糞があればすみやかに清掃するようにしましょう。

おすすめ商品

ケトコナゾ―ルクリーム(KZクリーム)2% w/v 30 gm

ケトコナゾ―ルクリーム(KZクリーム)2% w/v 30 gm

本製品ケトコナゾ―ルクリーム(KZクリーム)はイミダゾール系の塗り薬タイプの抗真菌薬です。
このお薬はよく効きますが、副作用も少ないため、皮膚真菌症の治療としてよく使用されます。

テルビナフィン錠250mg

テルビナフィン錠250mg

本製品テルビナフィン錠250mgは軟膏などでは治りにくい皮膚の感染症のお薬です。
テルビナフィンという有効成分が含まれており、細菌の繁殖を防ぐ抗真菌剤となっています。

日常の中で注意するべきことは?クリプトコッカス症の症状と原因について

『日常の中で注意するべきことは?クリプトコッカス症の症状と原因について』が気に入ったらいいね!をお願いします

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

ペットニュースカテゴリの一覧

キーワード・タグの一覧

閉じる